タイバニ 24話感想

2011年09月11日

 タイバニ再放送決定だそうですね!!
 TOKYO MX 10/4より 火曜日23:00-23:30
 BS11 10/7より 金曜日18:30-19:00

 このBSの時間帯はいいですね!幅広い年代で楽しめるアニメですし、親子揃ってという方も多そうですね。

 というか24話ですよ…
 衝撃的過ぎて…

 以下ファイヤーネタバレなので追記に。毎度のごとくUST見てすぐ書くので、時系列や台詞間違いなど多いと思います、すみません。

 インタビューは、脚本の西田さん、プロデューサー尾崎さん、監督のさとうさんでした。
 西田さんは、1話ではライバルだった8人のヒーローたちが最後どうなるのか。まとまるのか、まとまらないのかをと。
 そして尾崎さんは各お話に仕込まれているコネタをお話していました。
 監督のさとうさんは、虎徹はどんなピンチに陥っても人に優しい。そしてネバーギブアップ精神だと!諦めちゃいけないですよね!!



 虎徹とバニーがH-01を倒すか。
 閉じ込められたほかのヒーローたちが自分たちの首についている爆弾装置を押すか(誰かが)。
 そんな危機的状況で前回は終わりました。今回はそこからですね。

 まずはマーベリックや他のCEO、そしてルナ先生のことを。
 急に中断されたまま復活しないHERO TVについて不審に思い出す各CEOたちは、未だこの場に登場しないマーベリックについて市長を責めます。この市長さんは、常にこんな役割ですね…サム君は元気でしょうか?
 ついに姿を現したマーベリックは、ヒーローたちはとある犯罪組織のところに潜入したというのです。鏑木・T・虎徹を追っていたはずですから、虎徹は犯罪組織の人間と思わせるのでしょうかね?
 そしてヒーローたちが追い込まれていることを説明しました。やはりCEOたちは各ヒーローのことが気になってしょうがないようですね。勿論会社のためでもあるとは思いますが、ロックバイソンとクロノスフーズのCEOさんみたく人としての繋がりもあったと信じたいです。
 
 そしてマーベリックを見つめるルナ先生ですが…
 虎徹を逃がしたあとに、偽タイガーに攻撃を食らっていたんですね!あのルナ先生にまで怪我を負わせるとは…
 ルナ先生は偽タイガーとそして黒幕に目をつけましたが、マーベリックを見る目はまさに黒幕をみつめる目になってましたね。ルナ先生にもバレたようですが、彼はどうやって裁くのか…
 マーベリックはマーベリックで、ヒーローは全員栄えある戦死とする企てをしているようですが、そんなことをしたらCEOたちも大変な騒ぎになりますよね…一体どうするつもりだったのでしょう。
 ことが大きくなればなるほど、自分の首をしめていっているようにしか感じないのですが…



 H-01を何が何でも倒さなくてはならないタイガー&バーナビーですが、能力が回復するまでにまだ時間がかかる様子です。
 しかしH-01は強い強い。さすがヒーロー6人でも倒せなかった相手ですね。能力がなければ逃げ回ることも中々に難しいと。
 そんな中、楓を人質にとられている虎徹の方が熱くなっていて「虎徹さん!」とバーナビーが庇う姿は、バニーの成長を感じました。
 親のことになると周りが見えなくなって熱くなって、いつもそんなバニーを庇っていたのは虎徹で。でも、今回は今まで自分を守ってくれた分、虎徹をめいっぱい守っていました。バニーは本当に成長したなぁ…と胸が熱くなりましたね。

 しかし、二人は防戦どころか押され気味です。
 それをモニターで見ている各ヒーローを煽るロトワング。まず最初にボタンを押そうとしたのは、「俺に何かあったら楓を頼む」と託されたロックバイソン。彼は楓を守らなくてはいけないという思いの元、押そうとしますが…
 このロックバイソンの様子は非常に彼らしかったですね。あの大量の汗と言いなんといい…。しかし一番に虎徹のことを思う分、やはり虎徹との絆は一番深いようですね。
 まだまだ煽り続けるロトワングの言葉に、「全員やられてしまうなら、誰か一人ヒーローが生き残れば」という発言をしたのはなんとスカイハイ!!そんな彼の言葉に他のヒーロー全員がどよめきます。
 元キングオブヒーローでもあり発言力の高い彼が、1番にみんなを裏切って自分が助かる、と取れるような発言をしたのは本当に波紋を呼んだでしょう。自分もビックリしてしまいましたが、彼はみんなを裏切って自分だけ助かるという意味で言ったのではないと慌てて言うも、モニターを意地悪くロトワングが切ってしまいました。
 スカイハイファンとしては複雑な心境でもありましたが、この台詞は彼が言ってこそ重みが出た言葉だと信じたいです。
 この発言により、全員の不安が最高潮に上り詰め、一番幼いドラゴンキッドは目に涙を。いつでも天真爛漫で、どんな危険な状況でも笑顔を忘れず、恐れず戦ってきた彼女が涙を流すほどの状況というのは、いかにこの状況が絶体絶命かを示していると思います。
 自分の発言のせいで最悪な雰囲気に持っていってしまったスカイハイの苦悩する姿も苦しかったです…。

 絆や信頼をくだらんものだと思っているロトワングは、爆発装置は誰も助かるように設計されていないということを視聴者にバラしました。本当に腐ったやつだな!と思いつつ、能力者への差別的発言をとめどなく言っているのを、静かに聞いていたマーベリックも恐かったです。
 マーベリックはヒーローを全員始末したあと、ロトワングも手にかけるのかな?と思ってしまうほどに冷たい目で眺めてましたね…



 6人のヒーローの不安が最高潮のころ、タイガーとバーナビーもやはり大苦戦でした。
 能力が使えるようになり、二人の息ピッタリなグッドラックモードでも倒せる気配がありません。能力は無尽蔵に使え、最先端であろう武器も使いこなすH-01を倒すすべはないのでしょうか?でも二人なら絶対どうにかしてくれる!!とひたすら見守りましたよ。

 この頃、ベンさんと斎藤さんの癒しコンビはH-01のパス解除を頑張っておりました。
 バーナビーの両親は、アンドロイドに人を攻撃しないようロックをちゃんとかけていたんですね。それを外したのがロトワングで、それの実験がシスですが…胸が痛いですね。
 斎藤さんは自分のしていることをベンさんに説明しますが、ベンさんは全然分かっていないようでした(笑)
 束の間の癒しをありがとうございました!!

 タイガーとバーナビーがスーツがボロボロになりながらも戦っている姿を見て、一番最初に「決めた」と答えたのはブルーローズでした。
 ロトワングは起爆スイッチを押すと考えていたようですが、ブルーローズから出た言葉は「タイガーとバーナビーを信じる」という言葉。
 ヒーローなんて辞める。私は歌が歌えればいいと、あくびしながらヒーローをやっていた彼女は、虎徹との出会いでヒーローとしてちゃんと頑張ることになりましたよね。バニーと虎徹が喧嘩をすれば、虎徹のためを思って助けにきたり、虎徹に対しての恋を自覚してからはもっともっと可愛くなり、そんな彼女が1番に「信じる」と言ったのは、まさに成長の証だと思います。
 昔のブルーローズだったら一番わめいて不安で不安でどうしようもない姿を見せてたのかな?と想像してしまいました。虎徹の特に近くにいたバニーとブルーローズの成長ぶりは凄いですね!
 虎徹は本当に、人を知らぬうちに変えていく力を持っているなと。その素直な気持ちと思いが相手に響くのかな?とか思いました。
 その言葉でスカイハイもブルーローズに感謝を。ブルーローズ君呼びだと思っていたら、何気に呼び捨てなんですねぇ。スカイハイの座っていたときの格好が彼の混乱ぶりが垣間見れた気がして、よかったです。
 折紙先輩も、かつて友達を守れず苦悩していたときに虎徹の言葉で立ち直り、エドワードをしっかり守れてからの成長はめまぐるしいですね。守るんだという力強い言葉は忘れられません。
 ブルーローズの言葉に全員が持ち直し、これで勝利は見えたも当然!!とつい見ながらはしゃいでしまいましら。そして、ロックバイソンの、押そうとした行動について頭を抱えていたのが人のいい彼らしかったです。
 ライバル同士だった彼らが、一致団結できたのもタイガーとバーナビーのコンビの影響は大きいよなぁと思いました。



 能力を発動しても勝ち目が見えないタイガーとバーナビーですが、タイガーがH-01を羽交い絞めに!
 そこで、バニーにH-01が使っていた武器を使って攻撃しろ!と声をかけます。
 しかし虎徹もろとも攻撃してしまうと躊躇するバニーに、避けるから大丈夫だと言う虎徹。H-01を倒せる唯一のチャンスかもしれないシーンでバニーはそれでも躊躇しますが、虎徹を信じ攻撃を。
 その威力たるや凄まじく、ジャスティスタワーの壁を突き破るほど。壁の破片が落下していくさい、ビルの広告に5話のバニーへのプレゼントのうさぎが映っていて、ちょっと笑ってしまいました!ここでコネタを仕込んでくるとは…!!

 見事H-01を倒したことを喜ぶバニー、しかし虎徹の姿が見えません。
 そしてようやく映った虎徹の姿は、スーツは完全に破壊され、アンダースーツですら破けていて上半身の素肌がほぼ見えている状態で横たわっている所でした。
 慌てて駆け寄るも、最早虫の息の虎徹。どうして避けなかったと言うも、能力が攻撃を受けたときには切れていたことが判明。
 なぜ能力がもう切れているのかを問い、ここで初めて減退を告げる虎徹。
 どうして今まで隠していたのか問い詰めるバニーは、ここでやっと何故虎徹がヒーローをやめると言い出したのかが合点いった様子。
 隠すの大変だったぜと力なく笑う虎徹に、どうして気付けなかったんだと己を責めるバニー。
 隠してたんだから当たり前だろ?なんて軽口叩きますが、バニーの目からはとめどなく涙が。今まで他人のことなんか興味もないように見えて、ヒーロー時以外は人助けもしなかったバニーが、人信じてそして人を気遣うようになった。それが出来るようになったのはまさに虎徹のおかげでしょう。
 バニーにとってどれだけ虎徹が大きな存在であるかがとてもよく分かるシーンで、この辺りから既に自分も泣きそうでした…
 初めて虎徹さんと呼んでくれたときなんて思い出話をし始める虎徹に、もう喋らないで下さいと懇願するバニー。
 顔が近いだなんてそれでも笑いかける虎徹。
 最後にバニーは「僕が作ったチャーハンを虎徹さんに食べてもらえるように練習しているのに!!」と、思いを告白。
 この辺で号泣ですよ…
 ずっとずっと虎徹に対して”ありがとう”という思いを持っていたのに、すれ違いばかり。
 バニーは素直になれず、虎徹は虎徹で鈍い。お互いがお互いを誰よりも思っているのに、誰よりもお互いの気持ちに気付けない。
 そんなタイガーとバニーが初めてお互いを思っていたのを口に出したのがこんなときだなんて…いや、こんなときにならないとダメだったんですよね、きっと。
 目を閉じてしまった虎徹に向かってただ涙するバニーの姿は見ていられませんでした。

 H-01が負けたことにより、ヒーロー全員を始末しようとするロトワングを攻撃したのは楓。
 いつの間にか能力を見事に駆使していますね。最後に触れたブルーローズの力で撃破でした。
 ブルーローズの「私の力…」という台詞も心に残りましたね。大好きな人の最愛の娘が、最後に自分の力で状況を打破できたのですしね。
 ロトワングが身動きとれなくなると、ヒーローたちについていた首輪も外れました。
 ここからは能力で部屋から脱出!!何気に折紙先輩が背中についている手裏剣使ってましたね!!あれちゃんと使えたんですね!!驚きました。
 全員笑顔でタイガーとバニーの元へと向かいますが、そこで対面するのは目を覚まさない虎徹と、虎徹を守るバニーの姿でした…



 予告も今回は静かに淡々とでしたね…
 虎徹はどうなってしまったのでしょう…でも絶対生きてるって信じてます!!
 だって虎徹ですよ?あのどんな逆境でも危機でも乗り越えてきたワイルドタイガーがここで終わるわけないですよ!
 次回最終回…ひたすら虎徹の無事を祈りたいと思います。最後はまた全員の笑った顔が見たいですよ!
 最終回はみんな笑顔で、そして視聴者も笑顔で過ごせればいいなと願います!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ギブ | URL | -

    スカイハイさんの「全員やられてしまうなら、誰か一人ヒーローが生き残れば」というセリフはヒーローとして間違ってないと僕は思います。

    スカイハイさんは責任感のあるヒーローなんでしょうね。


    ラストは僕も泣きそうになりました。
    おじさーーーーーーーーん!!!


    そういえば牛さんのドリルは動くんですね。
    ドリルは男のロマンです。

  2. 姫 | URL | -

    虎徹は絶対生きてます…と信じたい99.9999%(オイ)。
    済みません。いきなりやってきて書き込ませていただきますm(_ _)m。
    思うに生命(生体?)反応が消えてるのは、スーツに設置されている装置が破壊されたからだと。
    だから生きてるんです(涙目)。
    あと、「チャーハン」にヒックリかえった。この場面でなんて正直なんだバニー。ってか何時練習してたのよ。
    そして虎徹の「まつげ長いな」って、瀕死の状態でしっかり見えてるんじゃないの。
    普通、近くても見えなかったりしてどこに居るんだ的な台詞が多い中、大丈夫!!って確信したんです!!。
    父ちゃん、娘を泣かすなあぁぁぁぁ。
    失礼しました。

  3. 感想すごい! | URL | -

    感想すごい!

    どんな感想もった人がいるんだろうと検索してここへきました。
    すごい!そこまで読み取ってるんだ!!って所で驚き、更にタイバニの面白さを感じることができました!
    ありがとう、そしてありがとう!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    ギブたん

    >「全員やられてしまうなら、誰か一人ヒーローが生き残れば」
    これは凄く色々考えられる台詞ですよね!
    たまたまタイミングが悪く、みんなに不安を与えることになってしまいましたが、実際これは彼らの中で今後話し合う重要なことにもなるのかな?と思いました。
    今後ヒーローを続けていく中、同じ様な目に合うかもしれない。その場合、どうするのか。
    でも彼らはこれまでライバル関係にあって、お互いがまとまった今だからこそ出来ることでもあるなと思いました。
    ディナーショーの心配や目玉焼きなどで天然炸裂してましたが、前回といい今回といい凄く真面目な台詞喋ってましたねスカイハイ!!

    最後号泣ですよ!!心の中でおじさーーんって叫びましたよ~!

    牛さんのドリルかっちょいいですよね!男のロマンでしたか!
    ギブたんはあの牛さんの後ろ姿がロマンですよね?

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    姫さん

    コメントありがとうございます!!とても嬉しいです!!
    そうですよね!!虎徹は生きてますよね!!
    TIGER&BUNNYのTIGERがいなくちゃ始まらないし終わらないですよね!

    >思うに生命(生体?)反応が消えてるのは、スーツに設置されている装置が破壊されたからだと。
    なるほど!確かにそう考えればいいのですね。斎藤さんの高性能スーツがあそこまで破壊されてるとは思わないでしょうし。

    チャーハンは衝撃の告白でしたね!まさか練習していたとは!
    ハッ、そうですね。こういう場合、死が近いと目がかすんでどこにいる?展開が多い中、最後までしっかり見えてましたしね。
    最期なんて書きたくないですもん!本当、楓ちゃん、そしてヒーローたちと元気に再会してほしいです。
    1週間、虎徹の元気な姿が見られると信じて待ちます!
    熱いコメントありがとうございました。

  6. マリー | URL | 1JkepbtE

    感想すごい!さん

    はじめまして、コメントどうもありがとうございます!
    タイバニは面白い上に、毎回いっぱい考えさせられることがあって、書いたあともつい色々と考えてしまいます。
    本当に奥深い素敵な作品ですよね。
    色々な見方が出来て、それを話し合うのもタイバニの面白さの1つかなと思いました!
    ありがとう、そしてありがとうと言ってもらえてとても嬉しいです!!
    次回最終回も、しっかり見届けて感想を書きたいと思います。

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    はるさん

    いつもいつも嬉し過ぎるコメントをどうもありがとうございます!
    はるさん完全ホールドしたいです!!\(宣)/

    今回は最後が衝撃的過ぎました…
    虎徹とバニーのやりとりはすごくよかったですよ!映像も凄くよかったので、更に涙を誘ったといいますか。
    チャーハン練習してるバニーは頬がゆるみますよね!
    >たまねぎのみじん切りで涙ぐんでたり
    はるさんに言われて気付きましたよ~!おお~なんて可愛い!またまた顔が緩んでしまいますね。
    エビとかもきっといいのを買ってきてるんでしょうか?あと、「パラパラにならない…」とか落ち込んでたりしても、微笑ましいですね。

    なんにせよ、やっとこさ二人が本音で言い合えたのにこのままでは終われませんよね!
    ココデオワルハズガナイノニ、ですよ!!
    自分も製作者の皆さんを信じて、最終回を待ちたいと思います。

  8. neco* | URL | 9f0rHTfc

    タイバニ24話!

    また暑苦しい感想返しをしに来ましたー!
    もう残り1話となったので、開き直って暑苦しくゆきますー!益荒男ー!

    私は初USTでした。
    いつも、こちらにコメントする時は放送分を見返しながらじっくり書くのだけど…
    今回はうろ覚えな記憶で;
    それにしても、マリーたんはよく見ているな~と感心しきりです!

    USTでのインタビューって、キャストの方が出るのだろう…と思い込んでいたら、
    制作者さんでしたね。
    遊佐ティックさんは…?と、ちょっと思ってしまいました。

    ◇各CEOとヒーローたちとの繋がり
    私はきっとあると信じています。
    何たって、高視聴率を誇るHERO TVで活躍するヒーローたち。
    格好の広告塔であると思います。
    その、ヒーローの素顔を知るCEOだからこそ、彼らの心配を損得抜きにしてくれていたら…
    と、夢想します。
    会社の経営と、ヒーローとしての職務…この中できっと繋がりは生まれていたはず。

    ◇ユーリ=ルナティック
    偽タイガーに油断していたとはいえ、攻撃を食らっていたのには驚きましたね。
    髪を束ねるのも忘れるくらい、呆然とした状態だったのでしょうか?
    受けた痛みに、何かを感じている風でもありましたし…
    次回、ユーリ=ルナティックがどう動くのか、注目ですね。
    彼の正義は、この問題にどう判断を下すのか。
    そして、彼の正義は自分自身にもどういった決着をつけるのか。
    正と負が混合したユーリ=ルナティックの行く末が気になってなりません。

    ◇マーベリックの思惑
    ヒーロー全員を名誉の戦死に…
    矢張り、言葉だけとはいえ軽々しく言われると重たい気分になりますね…
    本当に悪事は大きくなればなるほど、露見しやすくなる。綻びも生じる。
    どこかで大きな力に止めて欲しいというメッセージも込められているのでしょうか。
    今まで、自分の意のままに事が進んだ分、歯止めが利かなくなっている感じがします。
    そして…ここでもし彼がし損じたら…
    協力関係にあるウロボロスに口封じのために抹消されるのか…
    全ては次回、ですね。

    ◇OP前
    H-01に立ち向かおうとする虎徹&バーナビー。
    絶対に負けられない戦いを前に固い決意に満ちた声で、
    虎徹「行くぞ」
    バーナビー「ええ」
    という、この短い短いシーンがとても好きです。
    本当に、最高のバディなんだな…と。

    ◇バーナビーの成長
    娘が傷付けられることを恐れ、逸る虎徹を諫めたり、攻撃を受けようとするのを庇ったり…
    いつかのバーナビーに対して虎徹がとった行動をなぞるようでしたね。
    対等の立場だからこそできることぢゃあないかと、
    バーナビーと、ひいては彼らふたりの成長を見ることのできるシーンでした。

    ◇「どうすればいい、スカイハイ」
    この一言に、彼のヒーローとしての在り方を感じました。
    キース・グッドマンという生身の人間と、一種偶像めいたスカイハイというヒーロー。
    キースには彼なりのヒーロー像《スカイハイ》があり、
    いつもスカイハイだったらどういう行動をとるか?
    と、自問自答しながら彼なりに生きているのだと思うと…
    キース・グッドマンとスカイハイは似て異なるものなのですね。
    時には両者のジレンマを感じながら、ヒーローズは過ごしているのかと、
    少し切ない気持ちになりました。

    ◇「このままヒーローが全滅するよりは、誰か生き残った方が…」
    全てのヒーローが、きっと心の中で感じていたことだとは思いますが、
    ヒーローズの中でも信頼の厚い彼の台詞だからこその、影響力…ですよね。
    本心と裏腹に、言葉が他人に与える見えない力を思い知りました。
    「たった一言」がこんなにも他人を惑わす。

    ◇ボタンを押そうとするロックバイソン
    このシーンは、いずれかのヒーローで表現しなくてはいけないことだったとは思いますが…
    それがロックバイソンだったという…。
    ゴツイ体をしている彼ですが、本来は気が小さく、
    しかも虎徹にひとりの命を託されているというプレッシャー…
    しかし、他のヒーローを犠牲にできる訳がない、という思い。
    迷い、苦しみ、それでも決断できない、どうしようもない人間的な所を見せてくれた
    ロックバイソン、「おい牛w」とか散々言われてたりもするけれど…
    私はそんな真っ正直なロックバイソンが好き。

    ◇グッドラックモード
    「TIGER&BURNABY over now!!」いつ見てもカッコイイ!
    5話で初めてこの連携シーン見てから大好き!
    今回のH-01戦では効果がなかったけどね…;

    ◇「どうしたらいいの?タイガー」
    恋慕の対象となっているとともに、虎徹はブルーローズの心の拠り所となっている…
    そんな台詞でした。
    ロトワングの敗因は、虎徹&バーナビーとH-01の戦いをヒーローズに見せたことだと思います。
    何があっても諦めない、そんな彼らの姿に共感・共鳴するかのように、
    ブルーローズの決心の一言の後、各ヒーローの心も団結。
    そう、これでこそのヒーローだよ!と、胸が熱くなった瞬間でした。

    ◇「ありがとうブルーローズ!そして、ありがとう!」
    こんな時にもヤツは…
    と、微笑ましくなりました。
    流石です。

    ◇最後の攻撃
    虎徹はバーナビーを信じ、バーナビーも虎徹を信じていたからこそできた攻撃。
    トリガーを引く一瞬の間が、何故かひどく重々しかったのは…そういうことだったのか、
    と、見終えて色々と考えていて思いました。
    その結果は…とても衝撃的なものだったけど、ふたりの絆を再確認できたシーンでした。

    ◇「私だってワイルドタイガーの娘なんだから!」
    楓ちゃん、カッコよかった…!
    矢ッ張り、娘は父親のことを見ているものなんだよ。
    楓ちゃんに「お父さんカッコイイ」って言われることが夢である虎徹さん。
    きっと叶うよ。

    ◇「ファーーーイヤーーー!!!」
    扉を炎で壊すファイヤーエンブレムが男前過ぎて惚れ直しました~
    折紙先輩は一体どうするの…と、心配に思ってたら…まさか、でしたね。
    ちゃんと使える武器を持っていたのね…飾りぢゃなかったのね…
    ごめんね、折紙先輩。

    ◇虎徹とバーナビーの、会話
    私はマリーたんと同じく涙なしには見れなかった人です…
    虎徹さん、こんな時にも思いやりに満ちてて…;;
    平田さんも森田さんも演技が素晴らしくって。
    森田さんの必死なバーナビーに感情移入しすぎて、ぐらんぐらんに揺さぶられました…

    ◇Eternal Immortality. -永久不滅-
    次回で最後か…と思うと、本当に淋しいね;
    リアルタイムで見るアニメは久し振りで視聴者・ファンの方と一緒に盛り上がれる、
    とても素敵な時間を頂いたと思います。
    最後まで、真っ直ぐ前を向いて、見届けたいですね。
    一緒に楽しみましょう!

    毎度のことですが…長くなってすみません;

  9. 姫 | URL | -

    舞い戻ってきました。どうしても気になってしまう「チャーハンと睫毛長い」発言^_^;。
    私の小っこい脳はグルグルしっぱなしです(笑)。
    少し思ったのが、最後だから(ギャーごめんなさい(>_<))平田さんと森田さんにアドリブでとお任せしたとか。まさかのアドリブだったとしてもオンエアされたと言うことは、公式様が認めた台詞だということですね。
    逆に公式様が用意した内容だとすればそれはそれで美味しいかも…腐っ(オイオイ)。済みません、アドリブは根拠がありません、私の勝手な思い込みですので勘違いなさらぬようにm(_ _)m

  10. マリー | URL | 1JkepbtE

    neco*さん

    いえ、もう皆さん益荒男タイムのごとく熱く見ているに違いないので、アツいコメント大歓迎です!!
    初USTもおめでとうございます!今週は劇場で楽しんできてくださいませー!!

    遊佐ティックのインタビューがそういえばありませんでしたなぁ…
    今回は一体どうなるのか!?うさとらがメインなのか。気になります。
    >会社の経営と、ヒーローとしての職務…この中できっと繋がりは生まれていたはず。
    8話かな?CEOさんたちがヒーロー株が遊佐ティック出現で落ちたときに、あまり繋がりないのかな?なんて思ってしまったけど、打ち上げでやりとりがあったり、きっと本編で見せなかったけど繋がりはあったと信じたい!!
    とくにオデュッセウスコミュニケーションなんか孫くらいの勢いで頑張るキッドだしね。本当信じたいです!
    というか本来この中にネイサンいるのかと想像すると濃いですな、ネイサン!!

    何気に遊佐ティックに初めてまともな攻撃を食らわせたのが偽タイガーだったとは…
    タイガーには仮面にヒビ入れられてるし、何かとタイガー関連に縁があるよね。賠償金もだけど。
    >正と負が混合したユーリ=ルナティックの行く末が気になってなりません。
    自分もとても気になります。とあるインタビューでは、遊佐ティックはこれからのキャラとか…つまり今回のタイバニではまだまだということでしょうか?
    タイガーvs遊佐ティックの展開も気になりますし、先生関連は気になることが山盛りだと!

    >どこかで大きな力に止めて欲しいというメッセージも込められているのでしょうか。
    そうか~!そういうのもあるかもしれませんな。
    確かに歯止めは利かなくなってますな。全員戦死とかそんなの普通にまかり通るのも難しいだろうし…
    彼がどうなるのかはまさに次回ですな。ここまで来て、まだ策があるのかどうか…
    彼とバーナビーの行方もやはり気になる一方です。

    >本当に、最高のバディなんだな…と。
    このシーンのことすっかり書くの忘れてたようです!!
    このシーンは本当よかった!あの静けさであの短い返事でOPに入る演出もよかったね~。
    本当に最高のバディですよ!!

    バーナビーがかつて自分がしてもらったことを虎徹にする姿は本当に成長した!と嬉しくなりましたな。
    1話から思い出してみると、本当にいいバディになったなぁと。ロイズさんも泣いてしまうんじゃないかというレベルの連携です。

    >キースには彼なりのヒーロー像《スカイハイ》があり、
    頷きまくりました!!みんなから安心されるヒーロー・スカイハイでありたいという思いと、そんなスカイハイだったらどうするかを考えていると自分も同じく思っています。
    天然だけど本当に真面目だなと改めて思って、ますますスカイハイファンになりました!!
    あの台詞だって彼だったからこその影響力ですよねぇ…あの状況はこの一言でもあれだけ周囲を惑わしてしまう。
    普段の状態だったら笑い話に出来るようなところでもこうなってしまう。ヒーローたちも人間なんだと改めて感じさせてくれるシーンでもあったのかなと今では。

    ロックバイソンの扱われ方は公式でも「ロックバイソンなら許してくれる気がした」という扱いらしく、可愛いなぁと!
    そんなロックバイソンが大好きです。図体はでかいのに人一倍気が弱くて、でも優しくて、ヒーローに向いてないんじゃないかって楠さんも仰るほどだけど、そんな彼が1番人間味を出しているヒーローかもしれないなぁなんて思いました。
    とにかく牛さんも好きです!!

    グッドラックモードはカッコイイよね!!
    ロイズさんには斎藤さん怒られてたけど、本当つけてGJなギミックというか。

    ブルーローズにとっても拠り所になってましたな、オジサン!!
    >ロトワングの敗因は、虎徹&バーナビーとH-01の戦いをヒーローズに見せたことだと思います。
    これは納得!!!モニタを消したままにした方が明らかにロトワングには有利だったよねぇ。
    スカイハイさんの出てきたときのありがとう、のポーズをちゃんとしてたのがよかったです!!それでこそスカイハイ!

    あのトリガーを引くシーンは今思うと、3話の爆弾のときの上か下かで迷ってたときを思い出したよ~。
    オジサンは常に迷わず。そしてバニーは迷う。
    どちらも最後はおじさんを信じて解決したんだなぁと思うと胸が熱くなりました。

    >楓ちゃんに「お父さんカッコイイ」って言われることが夢である虎徹さん。
    絶対叶うよね!!きっと次回聞けるって信じてる!!
    そしてバニーの夢は虎徹さん関連にシフトするかな?とか…

    ファーイヤ~ン!じゃなかったね!!男前のファイヤーだったね!それぐらいネイサンもきてたっちゅーことか!
    折紙先輩の背中の手裏剣があんなに鋭利な刃物だとは知りませんでした!!あれ人にぶつかったらヤバイんじゃないのかね?
    OPみたく刀でシュッシュするのかと思ったら…

    虎徹とバニーのやりとりは号泣だった…タオル必須だったよ…
    平田さんと森田さんの演技も本当に素晴らしかったよね!
    タイバニは声優さんの演技も凄過ぎるからこそ、こんなに人気あるって本当に思ってる。
    感情移入はがっつりでした…だからこそ最終回は笑顔で過ごせたらいいねぇ!

    自分もリアルタイムで見てハマるアニメはそれこそ10年以上ぶりなので、ドキドキです!
    でもいろんな人とこうやって盛り上がれて本当に嬉しいし楽しい。
    最終回もちゃんと見届けたいなぁと思います。
    いつもアツいコメントありがとう、そしてありがとう!!

  11. マリー | URL | 1JkepbtE

    姫さん

    いえいえ舞い戻ってくださるの大歓迎ですよ~!!
    アドリブ発想は至らなかったので、そう考えると非常に色々な意味で美味しいですね!
    公式が用意していても美味しいですし、平田さんや森田さんが考えたのでもどちらでも美味しいとは…!
    今日は24話配信の日ですし、また見るときにアドリブだったらと想像しながらも楽しんで見る事にしますね。
    次回予告が今回はああでしたので、睫毛長いことが発覚してよかったですな~!
    あとはおじさんがどうやってあのヒゲを剃っているのかがいつか判明すれば(笑)

    というかタイバニはチャーハンを商品化すべきだと!
    オジサン編とかバニー編とか!あったら絶対買うのになぁと思ってます。

  12. 姫 | URL | -

    マリー様また来ちゃいました<(_ _)>。
    肝心の虎徹ですが、あのあときっと楓ちゃんが「お父さん、何寝てるの!さっさと起きなさいよね!!」って言いながらドラゴンキッドに触れて虎徹の身体に抱きつく、ビリビリビリで、目が覚めると…どすか?
    でもこれやるとバニーもやばひ?スーツ着てるから大丈夫かな(笑)。
    もう、虎徹が居なくなるなんてこれっぽっちも思ってませんので(99.9999%はどこいった/笑)妄想大暴走です^_^;
    もっと早くこちらの存在を知っていればと後悔先立たずです(>_<)。
    今後ともよろしく(^_-)☆

  13. マリー | URL | 1JkepbtE

    姫さん

    コメントありがとうございます!!もうどしどし来てくださいませ~!

    なるほど!!ドラゴンキッドに触れたあと、電気ビリビリで起こすとは!
    虎徹も「え!?」な感じで何事もなかったように起きそうですな。キッド&楓ちゃんタッグって微笑ましくていいですね。
    電気ビリビリはバニーはスーツで大丈夫かと。なんと言ってもあの斎藤さんのスーツですしね。
    スカイハイだと風で浮いてしまって召される感じになってアウトっぽいですね(笑)
    虎徹は目を覚ますと信じてますので、もうどうにかして妄想でも何でも起こさねばですよ!!

    いやはやついに最終話が目前になってきましたね…ドキドキです。
    今後も再放送に合わせて、感想を書いたり、ムックやBDの感想などまったり続けていきますので、今後ともこちらこそよろしくお願いします!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)