タイバニ 9話感想

2011年11月30日

 お待たせしました、パオリンちゃん主役回!!という感じでパオリンちゃんのお話ですね。
 ネイサン→イワン→パオリンと「ン」で終わるキャラクタの主役回が続きましたな。
 そしてこのお話でもスカイハイの名台詞が出ましたね!!あれ大好きです。

 パオリンちゃんの話ですが、虎徹とバーナビーも色々と進展が…
 そんな9話の感想です。以下ネタバレなので追記に。gossipsネタもあります。最後の部分に全話見ての感想が少しだけあるので、見ていない方はスルー推奨です。



 ブルーローズが犯人を追い詰めますが、キューティエスケープで悩殺したところをキッドが犯人逮捕へ!!サァ!という掛け声が可愛らしくてしょうがないです。
 1話でも犯人を二人逮捕するなど成績は申し分ない彼女ですが、いまいちパッとしないみたいです。
 3年前、ヒーローとして活躍するべく英才教育を受けたパオリンはここシュテルンビルトへ来てから、お世話役でもあるナターシャと共に暮らし、学校へ行かない代わりにナターシャと勉強もしているみたいです。そんな親代わりでもあるナターシャに、「華がない」と言われ、両親から贈り物で渡された紫苑のヘアピンを付けてみたら?と言われますが、絶対いやだと断固拒否。ボーイッシュである彼女にとっては、女の子らしくするというのが恥ずかしいという感じだったのかな?と。

 パオリンがそうこうしている間、虎徹とバーナビーには大きな変化が。
 前回、ルナティックの攻撃を庇ってくれた虎徹への気持ちがかなり己の中で揺れ動いたのでしょう。なんと!あのバーナビーが傷が治っていない虎徹に対して気遣いを見せているではないですか!しかも斎藤さんのこと完全スルーの二人ですよ(笑)あの強烈なキャラクタである斎藤さんをスルーできるくらいですからね、相当です。
 散々な凸凹コンビであった二人に刺々しさが一気になくなってしまいました。バーナビーには言葉より何よりも行動で示すというのが一番いいのかもしれないですね!



 アニエスさんから連絡を受けた虎徹はトレーニングルームへ。
 どうやら最近シュテルンビルトでは富裕層の赤ん坊を誘拐する事件が起きているようで、市長夫妻が不在の間にヒーローでもある虎徹が子守をしろ、というお話でした。
 ここでのお互い顔を見合わせない虎徹とアニエスさんの関係がかなり好きなシーンです。なんだか色々と思わせぶりな感じもたまらないと言いますか。大人組みだからこそ出来る演出の一つな気がして気に入っています。
 赤ん坊の出現に他のヒーローたちも賑わっておりますが、折紙先輩だけは座禅を組んでおります!!さすが折紙先輩!!ぶれなさすぎです!!
 しかし何故虎徹に子守という白羽の矢が立ったのか知らないヒーローたちは疑問を。そこであっさりと言ったのがロックバイソン。いいパパになりそう、という言葉を受け取り「こいつはもういいパパだぞ」と。
 どうも虎徹は話した気になっていたようで、別に隠していたつもりはなかったのですね。一同がとても驚く中、淡々と9歳になる娘がいることと、奥さんは5年前に病気で…という話をしました。湿っぽくなるのを嫌った虎徹でしたが、丁度どこでサム君がくずりはじめる事態に。すぐさま対赤ん坊ボイスになりあやしますが、泣き止まないサム君。するとこのサム君、テレキネシスのNEXTだそうで、泣くと部屋中が恐ろしいことに!!すかさず天井からのものを庇ったキースがたまらなかったです!!

 そしてここからがヒーロー全員のあやし体験へ…
 「OK!私に任せなさい!」と白い歯を光らせたKOHスカイハイが一番手に。そしてそして出ました名言!!
 「たかいたか~い、スカイハーイ!そして、スカ…」とその先は言えなかったのですがね…。というかこんな高さまで飛ばす、たかいたか~いなんて見たことないですよ!という高さまで飛ばすところが彼らしかったですね、とても。ちなみにこの「そして、スカ…」部分は井上さんのアドリブのようですな!井上さんがつぶやいておりました。
 泣きやまない姿を見てすぐさまロックバイソンにタッチ。どじっこロックバイソンは今日はどんな活躍を見せてくれるのか!?と思っていると、いないいないばーをしてくれました。が、顔が恐ろしかったのか更に泣き声は酷く…滝の様な汗になる牛さんの姿が、これでこそ牛さん!と思わせてくれました。
 ロックバイソンの次は座禅をしていた折紙先輩でしたが、先輩はあやす前から無理無理という感じでしたね。そしてすぐさまネイサンへとパスしますが、ネイサンも無理無理!と。しかーし、ここでバーナビーが「女性の方がよろしいのでは?」というナイスな一言を!!好みのハンサムに「女性」と言われ一気に舞い上がってあやすネイサンですが、その麗しの唇はサム君にはまだ早かったようです…あと最低20年は待たないとダメかもしれないですね…!
 というわけで女性陣になるのですが、虎徹が子持ちという衝撃過ぎる真実を聞いてしまったカリーナは完全に壊れておりました…。頑張れカリーナ!!立ち直ってくれカリーナ!
 残りはパオリン一人。しかし「ボクじゃだめだよ。女の人じゃないと」とボーイッシュならではの台詞を。しかしサム君はパオリンに抱かれると途端に泣き止むことに!赤ん坊に懐かれて戸惑うパオリンの「ニイハオ…」はとっても可愛かったです!!



 gossipsによると、この後バーナビーの仕事を待ってからバーナビーの自宅へ行ったようですね。
 というわけでゴールドステージの彼の家へと出向いた虎徹とパオリンとサム君。自分の家を壊されたくないからとこちらにしたようですが、確かに物が少ない家ですし、言い方はあれですが良かったかなぁと。ですが、富裕層を狙った誘拐事件が多いのにドツボにハマっている気もしないでもないような?(笑)
 そしてパオリンはヒーロー時よりプライベートの方が声が低めなんですねぇ!低めな伊瀬さんの声もとてもカッコ可愛いです。
 サム君は、パオリン以外にはかなり難しいようで、またまた泣き始めてしまいました。ここでバーナビーにとって壊されたくないものが、パソコンでもなく一つのおもちゃだったことが明らかに。「意外~!」とパオリンにまで言われておりますが、彼にとっては大切な両親がくれたプレゼントだったようで、何よりも宝物だったのでしょう。サム君がそれを欲しがるのですが、渡すときのバーナビーの表情と言ったら…!本当は誰にも渡したくないものだけど、大人な対応をしたという感じで、両親が絡むと途端に幼さが覗くバーナビーらしかったです。
 両親のプレゼント、という言葉でパオリンはくれた紫苑のヘアピンを思い出し「ボクのこと全然分かってない」と言い、嬉しくないとつっぱねます。しかし人の親でもある虎徹はそれを聞いて渋い顔を。親子関係というのは一番身近ですが、一番難しいところですね。
 しかしここでバーナビーがサラッと親から頂いたものは大切にした方が~なんてもっともらしいことを言って、サム君からおもちゃを自分の手に!大人気ないと言われようとも、譲れないものなのですね。可愛いなぁバニーちゃん!!

 ここでの夕食は虎徹お得意のチャーハン!!人数分作ってはきたのですが、サム君が泣いてしまったためバーナビーのこってちゃーはんは口に入ることなく舞い上がってしまうことに…!メガネも吹き飛んだりしてますし、大変です。
 このときTVのリモコンにスイッチが入ってしまい、大画面には両親の事件や今まで追い求めていたウロボロスについての情報の新聞記事などがびっしりと映し出されてしまいました。幸いパオリンはサム君の相手をしていて目にしていなかったようです。
 思わず目を見張る虎徹と、冷静にリモコンを操作するバーナビー。虎徹にとっては、バーナビーが抱えてきたものの一部を覗くことになり、思うところがあったのかな?と。ネイサンと見た事件の新聞記事の何倍にも膨れ上がっている情報でしたしね…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 夜も更け、パオリンとサム君はおやすみの時間に。バーナビーが自分のベッドに寝かせ、二人に布団をかけているというのは衝撃でした!まぁ寝室に虎徹を入れるのもまた抵抗はあったと思うのですが、バーナビーが他人に布団をかけてあげるというのが想像つきませんでしたよ。でもこうやって柔らかい笑みを浮かべて寝顔を見ているバーナビーはとてもよかったです!
 カリーナだとまた違いそうですが、パオリンくらいだと妹的に感じられるのですかね?凄く見ていて微笑ましいシーンでした。パオリンの寝顔も可愛いですしねぇ。
 しかし、ナターシャをどうやって納得させたのか!(笑)預かった大切な娘さんですし。けど、虎徹もいますし、バーナビーですし問題はまったくないからですかね?何より、パオリンがいないとサム君がマズイというのが最優先事項ですな!!

 さてここからは大人の時間ですね!!
 いつもの部屋では虎徹がかなりリラックスした状態でアルコールを。上半身は包帯のみという!包帯のみでもカッコイイだなんてオジサン反則です(笑)
 そしてその姿を見たからか、バーナビーは傷が痛むかどうかを尋ねています。あのバーナビーが虎徹を心配している!!とそれだけで、あの庇う行為がどれだけ彼にとって大きいことだったかというのが窺い知れるわけですが、心配してくれてんのか?という答えには、素直になれず、僕を庇ってのことでという返事に。こういう関係がまたいいですねぇ!!
 パオリンも寝たということで、話はウロボロスのことに。20年ずっと追ってきましたからね、という言葉は重かったですね。普通であればそんな道は通ることがない。しかしこのことは、人の親でもある虎徹が聞いていたからこそよかったのかもしれないなと思いました。娘を持ったことで、親がずっとどういう気持ちでいたのか、どんな愛情を持って育てていたのか、それが分かるヒーローは虎徹だけですし。自分の娘がそういう人生を…と思ったら、他の人とはまた違う思いも沢山浮かぶでしょうし。
 しかしここで初めて胸の内を明かした、という感じですかね。タイガー&バーナビー大きく前進したところかと!



 そんなわけで一歩深まった二人ですが、「おっはよー!」と爽やかに挨拶するパオリンが見たものは…
 床で大量の酒瓶と共に寝ている虎徹とバーナビーでした…これは、ダメな大人の見本になってしまうかと(笑)
 健全なパオリンはサム君と散歩に出かけることへ。
 しかしそこにはマリー・リリー・メアリーという匂いを嗅ぎ取れるNEXTの3姉妹が!この3人が誘拐事件の犯人みたいですね。美人な姉妹な上に服装もセクシーです!
 そして金をかなり持っていると嗅ぎ分けられ、パオリンとサムが3人に誘拐されてしまうことに!!

 そんな大変な中、爆睡中の二人…。インターホンが連打されて目覚めることに…バーナビーにとっては酔って床で雑魚寝は不覚だったのでは!?
 バーナビーの自宅を訪れたのは大量のおもちゃとオムツを持ってきたアニエス!しかし時既に遅し…寝室は蛻の殻。
 アニエスが「今どこにいるの!」と怒りながら電話をしますが、出た相手は誘拐犯。すぐさま身代金を要求し、警察に通報したら命の保証はないといい切られてしまいます。
 更に怒りは頂点へ!!そのためにヒーローに預けたのに、見事にハマってしまうとは…!!思い切り胸倉を掴んでおりますが、やたらと余裕そうなバーナビーがいい案があると持ちかけてました。
 いい案とは、アニエスが本当の母親を演じきること。取引場所まで行き、犯人が現れたら自分と虎徹が捕まえる、という流れでした。
 さすがのアニエスも取引場所では不安そうな顔を。というかアニエスさんの不安そうな顔ってここが初めてですかね?爆弾魔に車を持ち上げられようが、勝気な表情だったアニエスさんですしね、貴重ですな。
 取引現場にはリリーとメアリーが来ましたが、すぐさま嘘を嗅ぎ分けられてしまい、バレてしまうことに!そこをすかさず二人が出動!アニエスはバーナビーがお姫様抱っこで救出。オジサン、カリーナに続き3人目ですね!!このシーン、美男美女ということでかなり絵になってましたね!しかし、アニエスさんお気に入りのスカートが汚れたことで激怒!怒るのそこか!と笑わせてもらいました。

 虎徹の方はメアリーを捕まえることに成功!甘い声を出して、「いた~い」とか!!可愛い姉妹です。
 しかし全然動じない虎徹は「お金持ってないね」とか言われてしまっておりました。ほっとけとか言っているオジサン可愛過ぎです!
 それでもめげないメアリーはその美脚を持ち上げ虎徹を誘惑。タイバニはお色気シーンや血の描写がないところも大好きな点なのですが、珍しくここはほんの少しだけお色気シーンでしたね。またまた動じない虎徹ですが、ちらりとは見たようで、リリーに「嘘ついてる!」とバラされてしまっていました(笑)
 その後、靴の先からスタンガンで攻撃され、逃がしてしまうことに。「余所見なんてしてるからですよ」とバーナビーにつっこまれてましたな!



 パオリンとサム君と言えばまだ無事でした!
 長女マリーが言うには、彼女たちは親の愛情をたっぷり受けている赤ん坊のベビーシッターをしているとのこと。何故サムも愛されているか分かったのは、その被っていたマリーゴールドの帽子でした。
 マリーゴールドの花言葉は”健康”。すくすくと育っていって欲しいという親の願いが込められたものでした。
 しかしそこに、リリーとメアリーが帰ってきて、すぐさま車を発進させようとしますが、ナイスタイミングでサム君が泣き出します。途端に車の中の物は浮き上がり、倉庫のものまでごちゃごちゃになり爆発まで!そこで犯人たちの居場所が分かった虎徹たちも動き出します。
 が、ここからはパオリンのターン!!能力を発動させれば電撃は効かないため、スタンガンも無意味。得意のカンフー技でサム君とその大切な帽子を受け取ったあと、犯人たち3人に追い討ちをかけることに成功!!
 虎徹たちが駆けつけてきたときには、無力で捕らえることに成功しておりました。ここ辺りのパオリンは特にかっこよかったですね~!!
 しかし、燃え盛る炎の中スタンガンを手にした虎徹を見てしまったバーナビーは、あの日の思い出が脳裏に…。
 両親を殺した犯人の姿に虎徹が映ってしまうという事態になってしまった彼は、そのままハンドレッドパワーでジャンプしてしまいどこかへ…。
 ハンサムエスケープ初登場回!!ちなみにここは笑っていいのかそうでないのか非常に悩んでおり、見る度に「…えっと……」という微妙な感じになってしまいます(笑)gossipsによると直帰だったようですね。



 サム君に込められた願いを目の辺りにしたパオリンは、戻ってから花言葉を調べておりました。
 そう、自分に贈られた紫苑ですね。”遠くにいる人を想う”そう書いてあったのを目にし、見えないところでもきちんと愛され、信じられている、そういう深い愛情を感じられたと思います。
 その意味を知ってから、パオリンの髪には紫苑のヘアピンがつくように。その姿をいち早く気付いた虎徹が「可愛いぞ~!」と頭をなでながら可愛がっていて本当に和んだシーンでした。照れるパオリンも可愛いですし、素直に喜ぶ虎徹が最高でしたね。お互い、娘と両親と離れているという関係ですし、補い合えるとてもいい関係ですよね!!

 その姿を見たからでしょうか?帰宅した虎徹は実家に電話をし、以前自分が送った髪飾りをどうしているか聞いていました。その答えは1番嬉しい、いつも使っているというもの。幸せそうな顔を見せる虎徹ですが、「おばあちゃんが」というオチを聞いてがっくりうなだれてました。それでこそオジサン!!でも親孝行になってるんじゃないですかね?子からのプレゼントを使ってくださるなんて、いいお母様じゃないですか安寿さん。そしてとても似合ってましたしね!

 いやはや親と子というのがテーマな回でしたね!
 それぞれの目線からの話がとても面白かったです。捕まった3姉妹も境遇は大変だったとは思いますが、まぁ犯罪はいけないですな。
 身近だからこそストレートに愛情を受け取るのが難しいのが親子かもしれないですね。バーナビーが一番素直に受け取っているかもしれませんが、彼の中では4歳のときで止まっている部分も関係しているのかな?とか思いましたが、両親がずっと健在で反抗期なバニーちゃんとかは想像がちょっと難しいですな。
 そして、ちゃんと贈り物を身につけるという素直に受け取ったパオリンもとても凄いと思います!知って尚、知らないよ!と照れる子も多いでしょうしね。パオリンの真っ直ぐなところは本当に気持ちいいなと思います。
 しかしパオリンも母国に戻ると「~でアルヨ」喋りになるのでしょうか?凄く気になります(笑)



※ここから全話見ての感想です。ご注意下さい。

 Spare the rod and spoil the child.(かわいい子には旅をさせよ)な9話でしたが、全25話はまさにバーナビーにとって旅になったんじゃないかな?なんて思いました。両親が亡くなってもずっと愛情は途切れることなく続いているよ、とラストであんないい形で明らかになりましたしね!
 自身に大きく影響をもたらした虎徹との幾度もある衝突と、それ以上に深い信頼関係と。ご両親もとても喜んでいるんじゃないかな?そうだったらいいな、と思ってます。

 しかし家族と言えば、ルナティックですよ!ユーリ・ペトロフですよ。
 鏑木家、ブルックス家、ホァン家という幸せな家庭もある中、ペトロフ家のような家庭も存在するのが世の中です。3姉妹もどちらかと言えばペトロフ家側ですし、狭い世界だからこその難しさも沢山あるなぁと。
 ペトロフ家は途中までは幸せな家庭でしたしね、何が起こるか分からないのもまた人生と言いますか。
 とりあえずグッドマン家の教育方法が気になります!!!!気になる、実に気になる。

 そしてこてっちゃーはんはいつ、きちんと食べられたのでしょうねぇ。彼のキングオブ名台詞にもなったくらいですしね!
 タイバニ見てからチャーハン食べる回数が圧倒的に増えました、そして増えた!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ギブ | URL | -

    パオリンの可愛さが再確認できた回ですね。

    それでいて、虎徹に娘がいる事実を知って衝撃を受けるカリーナ。
    これがまた可愛いですなぁ。

    最終話でカリーナが読んでいる本を見ると挫けていないようです。
    頑張れ!!


    床で寝ている虎徹とバニー。
    二人は結構楽しく飲んだのではないでしょうか。
    二人の距離が近づいた気がしました。
    その辺、直接的描写が無いのがまた上手い・・・

  2. 白夜叉+ | URL | -

    個人的にパオリンが一番働いてると思うんですよね
    ヒーローが働いてることを強調するための細かいシーンはほとんど彼女ですし
    事実この回ではタイバニコンビはまるで役に立ってませんしねww
    個人的に彼女と楓ちゃんがコンビヒーローになるのもありだと思いますってかそれが見たい

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    ギブたん

    パオリン本当可愛過ぎますな!!
    子持ちやもめを知ったカリーナも可愛かったですし、「ワイフも!?」なネイサンも可愛かったですし、さすが”女子”組ですよね!!
    カリーナには頑張ってもらいたいですが、まずあの鈍い虎徹がどうやったら気付くかそこが鍵になりそうですな~。

    あのシーンよかったですよね~!!色々な意味で(笑)
    途中のシーンがないことによって色々な妄想も出来るという(笑)
    ものの腐ギブたんなら少しは浮かんだのでは?(笑)

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    白夜叉+さん

    犯人逮捕シーンはパオリンが一番多い気がしますな!
    横取りもありましたけど、ごめーんと謝る仕草にノックアウトされましたー!!
    やはり動きやすいキャラクタだからですかね?アクションが映えるといいますか。
    この回の虎徹とバーナビーは、お互いの距離を縮めたことに焦点が当たっていて、ヒーローなところはパオリンでしたな!

    楓ちゃんと!!なんという萌えなコンビですか!!
    見てみたいですね~!というか、ヒーロー全員まぜこぜで色んなコンビも見てみたいです。
    ネイサンと組んだ男性ヒーローは大変かもしれませんが、お尻が(笑)

  5. リンノ | URL | -

    ボーイッシュな子ってサッパリしててイイですよね(´∀`*)
    パオリンもその範疇です。飾らないところが好き(´ω`)

    余談ですが、パオリンの私服を見てカ●リーメイトを思い出すのは私だけでしょうか…w

  6. マリー | URL | 1JkepbtE

    リンノさん

    分かります~!!飾らないところがまた可愛いんですよねぇ!!
    サッパリしていてキュートです。
    こう無垢な感じもたまりませんなぁ。

    服見てそれは思いつきませんでした!!(笑)
    言われて見れば本当に…
    次のスポンサー決まりましたね(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)