タイバニ 12話感想

2011年12月21日

 スカイハイファンとしては「うわああああああ」な回ですよ…
 全体的に心が痛む回ですね…
 しかしタイバニは本当に見ていると夢中になるというか、感情移入するというか。見ている間は完全に世界に入り込める作品です。

 以下ネタバレなので追記に。



 「凄い汗でござるよ?」という藤原さんの静かでそれでいて迫力ある演技に圧倒された前回。あああ、折紙先輩もうダメだー!!とハラハラしつつ見ておりましたが、彼は擬態をとき、ジャンプで一旦は逃げますがすぐにジェイクの攻撃で地面へと落下…アンダースーツやっぱりいいなと思いつつ、このままやはり先輩はやられてしまうのかとまたハラハラでした。
 折紙の潜入捜査が成功したお陰で、市長やCEOたちに労いの言葉をかけてもらうヒーローたち。こういう一同に会するシーンは好きなので、また見たいな~と思いました。
 早速アジトへと!というところですが、スカイハイが偵察の提案を。それに真っ先にのったのはスーパールーキー・バーナビー。市民に約束したから行かせてください、と皆の前で言いきります。11話ではかなり混乱していたバーナビーですが、かなり落ち着いたようです。
 「よし、じゃあここは彼に任せてみようじゃないか」とスカイハイが言いますが、そこで「俺も」と言ったのはタイガー。暴走しないかどうかがかなり心配なようです。しかし落ち着き払ったバーナビーは、「僕を信じてください」ときっちりタイガーに!これは凄い進歩ですよね!!あのバーナビーがタイガーに対して「信じて欲しい」という本心を告げたのですから。
 屋上で「たまには誰かを頼ってみるのも悪くないぞ」と言ったタイガーの言葉を信じてみようと思ったのですよね!しかしタイガーはそんなことを言ったのを忘れているかのように、思い切り不安のある顔を。
 それにしても自然にリーダーシップを取れるスカイハイもカッコイイですな~!!やはりファンなので、スカイハイらしい所(腰に両手を当てているところとか)が垣間見れると凄く嬉しいです!

 一人で先行するバーナビーに、カメラでしっかり撮影してちょうだい!とさすがアニエスさん!という感じでアニエスさんが話しかけるのですが、ここで不自然なことが。15年前、レジェンドが逮捕したときに残っているはずのジェイクの能力などの詳細がないということです。一体誰がなんのために消したのか。ヒーローたちが勝てぬよう、ウロボロス側が消したのでしょうか?でもそうなるとウロボロスはずぶずぶということになってしまいますが、どうなのでしょうねぇ。
 後を追って他のヒーローたちも駆けつけますが、スカイハイが走ってるのって物凄く違和感がありますね!!(笑)普段空を飛んでいるのがデフォなので、ヒーロースーツで走るスカイハイはかなりレアなのかな?とか。
 ここでブルーローズがタイガーがいないことに気付きます!
 そして場面はまたバーナビーへ。アジト潜入が成功し、ジェイクが出てくる姿も発見。すぐさま能力発動をしますが、ジェイクを捕まえたのはなんとタイガー!!
 しかもこのジェイクはホンモノではなく折紙の擬態。本物のジェイクはクリームと高みの見物ですよ!そして手からポンポン能力を発動し、攻撃を!最後にはパワードスーツまで攻撃をし、建物は爆破!結果ジェイクを取り逃がすことになってしまいました。ここでのメットオフしたヒーローたちの落ち込む姿が印象的ですね…取り返しのつかないミスをしてしまったことに皆で落ち込み、または今後を考えている姿が見てみて辛かったです。

 ここで最も怒っているのはバーナビーでした。彼はあれがジェイクでないことをPDAを見て分かっていたと。そして、自分を信じてくれないタイガーへの失望が何よりも大きかったと思います。
 20年も追っていた親の仇。それをどういう気持ちであそこまで辿りついたのか。そして自分を危険を省みず守ってくれた、そんな優しい人を初めて信じてみた。その結果は、自分ひとりだけが信頼という絆の持っていただけという事実。それはバーナビーにとっては酷く傷を負うことだったんじゃないかなと思います。彼を信じてみようと思ったその最初の一歩になったであろう、ヒーローアカデミーでの事件。そのときに持ち帰ったタスキの”信じる”という部分を握り潰すシーンは本当に悲しかったです。
 しかしタイガーの気持ちも見ている方は嫌と言うほどに分かりますよね。バーナビーはとにかくウロボロスが絡むと周りが見えなくなり、一人で突っ走ってしまったり、激情に身を流されてしまうことも多々。特に前回では馬乗りになって絡んでしまうくらいでしたし…。そんな姿を誰よりも一番間近で見ていたタイガーが、どうしても心配になってしまうという気持ちもとてもよく分かるだけに、ここのやりとりは本当に辛いの一言です…。
 後にカリーナにもコンビなの!?と怒られ、自分が信じてなかったのが悪いと言う虎徹。この表情が見えないという演出がまた…。寂しそうに去っていく後ろ姿を見つめるカリーナの悲しそうな表情もズキズキときました…。



 ジェイクを取り逃がしたことで、自分に責任が来てしまうと大怒りの市長はCEOたちに命令を出してますが、誰も聞いていないのに笑ってしまいました…が、頑張れ市長…!
 しかしそこへ現れたのはジェイクとクリーム!捜すべき相手が目の前に!!という衝撃もさることながら、部下であるチャックマンを既に亡き者にしているという残虐性も見せてくれております。
 ジェイクたちはアニエスたちに生放送の準備をしろと命令。中継ではセブンマッチと称し、各ヒーローとジェイクのタイマン勝負が!一人でも勝てばシュテルンビルトは平和に。このタイマンというところに噛み付いたのはバーナビーであり、一人であれば誰にも邪魔されないと、誰も信じていないというような最初の頃を彷彿させるバーナビーに戻ってしまいました。しかも、一度信頼してみようと思ってこうなったので最初の頃よりも質は悪いかもしれませんね…
 そしてセブンマッチ第一戦目の相手はなんとキングオブヒーロー・スカイハイ!!初っ端ということはこれはもしかしなくてもスカイハイ負けるってことですよね!?うあああああ!!となりながらも、見ておりました…。
 必ず捕まえて君のところへ連れてこよう、そう言ったスカイハイにバーナビーは何を思っていたのか…。
 というか、このときジェイクは空気読めないヤツと言いながらポイ捨てしましたよね!?それって5話のスカイハイの真似ですか!?(笑)台本丸めてポイしたあれのオマージュですか!?(笑)
 そんなジェイクはクリームとミソスープを飲んでいました。何気に御節もありますし、折紙先輩と食では意気投合できるのではないでしょうか?

 そんな中セブンマッチ第1戦がスタート。華麗に登場し、ヒーローらしく台詞を言いますがスルーするジェイク。ここで可愛いのはもう一回「シュテルンビルトの平和を脅かす!」とちゃんと言い直すスカイハイですな!!
 そしてそして有名な「今日の私は最大風速計測不能!」が!!待ってました~!
 その後は連続攻撃をひたすらかますスカイハイ!あのかまいたちはさすがに使ってないようですね。その後は、ジェイクに向かって降参を求めますが、そこをすかさずジェイクが攻撃。思い切り攻撃を受け吹き飛ばされるスカイハイと、フィンの部分が折れて突き刺さったシーンはガーンときました…。
 攻撃が一つも当たっていないということ、油断したところをと見せかけた攻撃も弾かれ、「チェックメイトだ」と言われたその時に、ヒーロー全員へジェイクの攻撃はビームではなくバリアであることを伝え敗北…。ポセイドンラインの像に吊るされたシーンはショックでした…。そしてキングの敗北は市民への不安も一気に増大にさせるものでした。
 第2戦は戦車君というあだ名をつけられたロックバイソン。スカイハイは飛行機さんでしたね。しかしこのロックバイソンは瞬殺というか戦ってるシーンなしで吊るされてました…劇場版で華麗な戦いを見られることを希望します!
 第3戦がタイガーになり、第4戦がバーナビーというコンビが続くことに!二人の仲はそれこそ非常に険悪で、タイガーの謝罪も耳に入れない状況。お互いこの状況でどこまで戦いきれるのか…

 そんな中目を覚ましたのが折紙!なんだかやたらと色っぽい感じでしたね(笑)
 目覚めた折紙はパワードスーツを阻止する方法をCEOたちに伝えるという本当に大役を最後まで務めきったということに!!これは彼にとっても物凄い自信に繋がるのではないでしょうか?こうやって活躍していく姿は見ていてとても嬉しいです!!特に辛いことの多い12話ですしね。
 そして第3戦のタイガーvsジェイクがスタート。開始早々ハンドレッドパワーを使いますが、攻撃はやはり1つも当たらないと…。挙句の果てに能力は切れてしまい、よろよろに。しかしこのよろよろのときに蹴りが一回当たったのですよね!!おお!と思いきや、ジェイクにスイッチが入ってしまったようで他のヒーローたち以上に痛めつけられ、放映できないほどに。
 無残になった姿を見てバーナビーはどう思ったのでしょうか?自分がジェイクと戦うことのみに集中していたのでしょうか?
 ブルーローズが「それってタイガーが負けるっていうこと?」と言ったときの無言の返事もやっぱり悲しかったです。

 早くみんなの元気でわいわいやっているシーンが見たいなと思わず思ってしまう話でした。
 そういえばフィギュアーツのスカイハイは折れたフィンのも入ってるみたいですね。これは…吊るすべきか…!井上剛さんが吊るしたところをきっとつぶやいてくれると信じたいです(笑)自分はその前にGETできるよう頑張らねばですな…
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ギブ | URL | -

    >15年前、レジェンドが逮捕したときに残っているはずのジェイクの能力などの詳細がないということです。一体誰がなんのために消したのか


    あれ?消す?
    記憶を消す?改ざんすると言えばあの人か?って思いましたけど、
    その謎って明かされましたっけ?
    もう忘れてしまいました。


    12話はバニーが心を開き始めてキターなんて思っていたのですが、
    こてっちゃん・・・あーたって人は・・・

    でもこれがあったから13話の展開があったので良しとしましょう。

    13話の感想楽しみにしてます。


    それはそうとマリーさんの牛さんに対する扱い酷すぎませんか?
    スカイハイとかはたくさん書いているのに牛さんは1行だけって・・・・

  2. 白夜叉+ | URL | -

    ロックバイソンの戦闘シーンカットとやられカットの隙間を僕は忘れない
    妄想だけど

    今回は唯一虎徹ぇってなった回ですね
    いや、バニーちゃんの今迄の行動を見ていれば確かに心配に違いないですけど

    >15年前、レジェンドが逮捕したときに残っているはずのジェイクの能力などの詳細がない
    まあ消したのはマーベリックさんなんでしょうけど結局なんでジェイクをバニーちゃんの両親の敵と言う設定にしたのかがわからない
    24話でわかるのでしょうか?

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    ギブたん

    ああ!紛らわしくてすみません!!
    消すのは、情報ですな。データに残っていないということは情報を誰が消したのか~ということでした。

    せっかくバーナビーが心を開いたー!と思ったら、うああああ!ですよねぇ…
    虎徹さん、やっちまった…と思いつつも、あれだけ取り乱すのを見てきたのだからという気持ちもあって、自分の心は「うわあああ!」です本当…
    これがあったからこそ13話は本当に感動ですよねー!!
    来週がっつり書きたいです。ギブたんにそういってもらえるとは…
    ギブたんのデレもバニーちゃんと同じなんでしょうか?(笑)

    スカイハイさんはほら、1番好きなので…
    いや、牛さんも好きなんですけど瞬殺されてこれ以上どう書けばいいのか分からないというかとりあえず劇場版で活躍を期待しまーす!!!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    白夜叉+さん

    ロックバイソンのカットされたあのシーンは妄想補完ですよね!!!
    きっと劇場版で華麗な戦闘を見せてくれると信じたい…!!です。

    そうですよねぇ…本当に「おじさーーーーん!!!」と画面に向かって言いたかったです。
    しかしこれがあったからこそ13話はもう号泣というか…
    12話はとにかく全体的にガーンとくる内容でした。
    スカイハイさんも吊るされましたし…

    ネタバレになってしまうので何とも言えませんが、24話と25話をお楽しみに!!という感じですな。色々な意味でです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)