タイバニ 13話感想

2011年12月28日

 このお話で1クール目の最後となるというわけで、感慨深いです。
 が、感想は15話までなので、あとは1月3日と1月10日の2週間ですね。15話で全ての感想が書き終わるので、そうしたら一覧記事でも作りたいな~と思ってます。

 この13話ですが、ラストとそしてそのタイトルに物凄く感動しました。
 やっぱりタイバニ大好きだーー!と言わずにはいられないです。
 あまり書くとネタバレになってしまうので追記に…。



 自分の力でジェイクを倒すと、闘志を燃やすバーナビー。
 雨が強く降る中、両親との思い出を浮かべ、そしてその犯行現場を更に思い出します。
 これでバーナビーが敗北すれば街は半壊。ジャミングシステムの成功にもかかっていますが、シュテルンビルトの運命は最早バーナビー全てにかかっていると言っても過言ではない状況。クリームはそんなバーナビーのことを復讐に燃える復讐君とのあだ名を。飛行機さん、戦車君、オマヌケさん、復讐君…分かりやすいあだ名ではありますが、これにブチギレるのがファイヤーエンブレム!!
 「また変なあだ名つけやがって」とついに女子ズの前でも男性の地金が出てしまっておりました。
 
 そんな中、運命の一戦がスタート。
 姿の見えないジェイクはなんと上空からの奇襲攻撃を。バーナビーも反撃しますが、悉くバリアで防御されてしまっています。
 何故、父と母を殺したか。その問いに返ってくる返事もまた無残なもので、昔の事なんか覚えていないと軽くあしらわれるのでした。しかしこのときの藤原さんの演技もまた凄いですねぇ…これはバーナビー勝てないだろうと思ってしまうほどでした。

 車椅子で既に活動をしているイワンは、キース・アントニオ・虎徹がいる病室へと。そこで4人でTVで様子を見ていました。そこにPDAの連絡が。
 ジャミングシステムが整ったとのアニエスからの連絡でした。その隙にブルーローズ、ドラゴンキッド、ファイヤーエンブレムでマッドベアを回収という指示をしているときに、虎徹が目を覚まし、自分はどこに行けばいいんだと無理を。しかしすぐさま倒れ掛かってしまい、イワンやキース、アントニオに無茶だと咎められておりました。
 しかしそれでも諦めない虎徹にビシッと一言を決めたのはブルーローズ。相棒なんだからジェイクに勝てる方法でも考えてあげたら?と一喝。それで目の覚める虎徹と、素直になれないながらも想いのこもった言葉に満足そうに微笑むファイヤーエンブレムのシーンがとても良かったです。なんだかんだ、こういうときに強いのは恋心を抱き始めているブルーローズですよね!4話で彼女を導いたのは虎徹でしたが、13話にきて今度は虎徹を導いたブルーローズ。成長を感じます!!



 バーナビーが劣勢の中、ブルーローズ、ドラゴンキッド、ファイヤーエンブレムが現場へ急行。
 このときが名シーンすぎると!!!
 「女子の底力見せてあげましょ!」とノリノリのファイヤーエンブレムに、女子じゃない方が~と言うブルーローズに、「ごめん、ボクがボーイッシュだから…」と答えるキッド!!
 このちぐはぐな感じがたまりません!!!というかキッドはファイヤーエンブレムのことを完全に女性として接してるということですよね!?女子ズ最高です!
 このあともファイヤーエンブレムは絶好調。「は~い、ぬぎぬぎちましょうね~」とか!!!どこからどう見ても誰よりも女子です!!
 しかしここで自己防衛プログラムが作動!一気に形勢逆転になる女子ズ。
 バーナビーもキースが「惨い」と言うほど攻撃を受け続けております。
 ここでジェイクが能力を2つ持っていることを打ち明け、その能力によって攻撃が当たらないのだと虎徹が解明。そしてその能力が分かったのでしょう、すぐにバーナビーの元へと行こうとしますが身体はボロボロで歩くこともままならず…
 しかし「俺じゃないと伝えられない」と相棒を心から想う虎徹が、ハンドレッドパワーを治癒力へと変換し、外傷を見事なくすまでに!!ハンドレッドパワーって何にでも出来るのですね…凄いですな。
 そのまま元気に病室を出て行き、回復力にイワンが感心していると「やせ我慢しやがって」とただ一人見抜いたのが、高校からの付き合いであるアントニオ!!さすがです!!親友設定はこういうところで生きているのですよね。たった一言だけども重い一言でしたねぇ。いいですなぁ!

 パワードスーツに追われる女子ズに思わず声を荒げるアニエス。
 ここで2回目のブチギレモードのファイヤーエンブレム!!まさか13話で2回もブチギレシーンを拝めるとは…!しかし6話の「何してくれてんだぁ」がやはり強烈です(笑)
 そしてキッドちゃんが「やっぱりこいつら結構強いよ」と言うところも好きです!恐れを知らぬという感じで凄く気に入っています。
 


 バーナビーといえばついにハンドレッドパワーを使うも全くかすりもせず。
 ついにはジェイクに打ち上げ攻撃を食らってしまい、復讐としてこの日のためだけに生きてきたのに、それでもどうすることもままならないことに涙を見せることに…。心身ともにぐらついてしまったのでしょう、そこを助けたのは急行した虎徹でした。
 斎藤さんに頼んで作ってもらった物を託し、ジェイクの能力は超聴覚と教えますが、「僕はあなたを信じない」と、信じてくれなかった人を信じることはできないと突っぱねます。しかし、虎徹が傷を隠して駆けつけてくれたことにはやはり心が揺らいだのでしょう。
 12話で完全に絶望したかもしれませんが、それでもボロボロの身体を繕ってまで自分のところへ来てくれた人を信じないことは出来ないでしょう。見事作戦は成功し、ジェイクに一撃を見事食らわすことが出来たバーナビー。
 あれほどもう勝てないと思っていたジェイクが一撃くらったら、どこの雑魚ですか!?レベルにまで弱々しくなったのを見て、ビックリしました!
 両親の仇をついにこの手で…となったバーナビーは、「一生かけて罪を償え」と言い、事実上勝利の合図に。
 そのあとはすぐにいつものバーナビーに戻っており、何故騙したのかという話へ。ジェイクが心を読めるという能力だったために、ああいう芝居をしたと。しかし、それは大きな賭けであって失敗する確率も普通に考えれば高いものです。
 が、虎徹は「お前が俺を信じてくれるって、俺は信じていたからな」と今度こそちゃんと心からの信頼を寄せ、それを信じたバーナビーという最高のコンビプレーでジェイクから勝利を勝ち取ったということになりました。

 ジェイクを返さないと人質を!と怒るクリームですが、カメラにはパワードスーツを撃破した女子ズの満面の笑みが!!
 その後ジェイクの能力が目測を見誤り、ヘリと墜落炎上。クリームはなんとか命は助かったようですが…
 このあと女子ズのインタビュー風景と市民の様子が映し出されるのですが、ライル家両親、そしてベンさん、サマンサさん、そしてドラゴンキッドのシーンではサム君がはしゃいでおりました!!パオリンとして接していたはずですが、キッドのことを気付くなんで凄いですね!!将来はHEROでしょうか!?
 その後ホッとする安寿さんと満面の笑みの楓ちゃんもよかったですね!!安寿さんとしては虎徹が無事だったことは何よりも嬉しいことでしょうなぁ。

 その後あの市長も全部指揮を執ったとしてマーベリックさんに紹介されてましたが…(笑)
 そしてルナ先生は割りと変わり身が早かったですね(笑)
 そんな中、女子ズが二人をお迎えに。病室からPDAで三人もお祝いの言葉を!「とてもクールだったよ、とても!」の言葉に見ているこっちが元気貰えました。
 しかし全員がバーナビーを褒めるのに、あまり面白く無さそうな虎徹。そんな二人を「おバカコンビ」と呼んだのはファイヤーエンブレム!さすがです!!13話はファイヤーエンブレムの活躍も凄かったですよね。
 そのあと、本当に何気なく、いつもそう呼んでいるでしょう?というかのように「虎徹さん」と呼ぶバーナビー。
 本当に色々なことがあって、仲がよくなったかと思えばすぐに離れたりを繰り返す、いつもやきもきさせられた二人でしたが、絶望を乗り越え晴れて心から信じあえるコンビになり、嬉しさが隠せない虎徹の声、そしてその後に映し出される「Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)」これがもう本当に、じーんときました。
 たっぷり13話かけての信頼という絆。様々な形で拝ませてもらいました。

 そして、このジェイク戦はヒーローみんなで得た勝利だったなぁとそれもまた嬉しかったです。
 折紙がジェイクの居場所とパワードスーツの秘密を持ち帰り、スカイハイがバリアだと見破り、ロックバイソンはジェイクの攻撃がその防御力をも超えるレベルのものだったということを教え、タイガーは能力を見破り、バーナビーがそれを信じて倒し、ブルーローズ、ドラゴンキッド、ファイヤーエンブレムはシュテルンビルトをパワードスーツから見事防衛したと。
 8人、誰か欠けてもダメだったんじゃないかなと思いました。
 そんなヒーロー同士の繋がりも魅せてくれて、ありがとう、そしてありがとう!と言いたいです。



 このジェイク戦のタイマン相手がこのメンバーだったのは、ジェイクのバリアが火や氷電撃だと防げないから~というのをどこかで見たのですが、インタビューですかね?
 バーナビーが負けると残りはジェイクでは防げないメンバーだったから街の半壊を出したとかとか。
 タイバニ裏設定に入るのでしょうか?アニエスさんの「ぐんぐん」など、こういう設定面白いですよねぇ!
 もしもガセでしたらすみません…。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ギブ | URL | -

    13話は言わずと知れず神回ですよね。


    バーニ―が「虎徹さん」と呼んだ時といったら、もう鳥肌立ちました。
    ついにデレたか~!!

    あれ、今回はサブタイトルは出ないの?って思っていたら
    あのタイミングで!!

    あの演出は最高、そして最高!!


    あー!!!!
    13話だけ見たくなってきたぁぁ!!

  2. 白夜叉+ | URL | -

    >「ごめん、ボクがボーイッシュだから…」
    あった、ありましたねこの天才的な切り返しwww

    >このジェイク戦のタイマン相手がこのメンバーだったのは、ジェイクのバリアが火や氷電撃だと防げないから~というのをどこかで見たのですが、インタビューですかね?
    そんな設定があったんですか?
    全然気がつかなかった……ってか気づける描写があっただろうか?

    それにしても13話か
    ここから何かがおかしいタイバニが2話程続くんですよね……
    多分今見直しても信じられないと思います

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    ギブたん

    本当に神回ですよねぇ!!
    最後の最後で「虎徹さん」しかもその後のあのタイトルシーンへの流れの演出は本当に最高ですよね!!
    あれは考えた人凄過ぎるというか、あえて背景の中でタイトル出したのも凄くツボりました。

    13話だけ見ると、11話から見直したくなりまっせ?
    また無料配信とかあればいいですね~。
    そういえば今度のUSTでガワ動画見られるみたいですよ~!

  4. マリー | URL | 1JkepbtE

    白夜叉+さん

    このドラゴンキッドの台詞はキングオブ名台詞に見事選ばれたのですよ!!
    この切り返しは予想つきませんでしたよねぇ(笑)
    ちなみにこのときに言った「女子の底力見せてあげましょ」というネイサンの台詞もキングオブ名台詞に選ばれたので、このシーンはまさに名シーンかと!!

    設定が裏設定で本当あったことだとすれば、描写で気付けるシーンはないっぽいですなぁ。
    役者さんだけしか知らない裏設定も多いので、それも全部明かして欲しいです!
    でもそういう設定があったからこそ、バーナビーが負けたら半分壊す~というのも「なるほど!」という感じですな。

    14話と15話は一気に変わりましたよね!!
    BDで見返しても「!?」と思います(笑)

  5. 姫 | URL | -

    マリー様ご無沙汰っす(^^)/。年末進行グダグダですが、毎日ぬいぐるみの兎(バニー)に癒されてます(笑)。
    早くも13話ですねぇ。私、最初はタイバニも1クールで終わるんだと思いこんでたので前回予告で「最終回」の文字が無かったところで気づいた大バカもんです(^^;。で本題です。あの緊迫したムードの中で3女子?の会話で和ませてくれるあたりタイバニ侮りがたしと思いましたわ。そして、ジェイク・藤原の演技に恐怖を感じた瞬間でもありました。最も、弱点を見破られたあとの展開はおいおいと言うぐらい弱かったですね。ちょっと意外でしたが。その藤原氏ですが、少~し前にやってた「G00」にもかなりの極悪人役(^^;で出てましたし、タイバニと同時期に放送してた「青のエクソシスト」でも二役?憑依されて悪魔の役(←ひょ~)の役もかなり凄かったですから役者さんてホントに凄い!!。私はゲームをしないのですが、そちらでも素晴らしい演技をされてるんでしょうね(^^)。しかし、この回の終了間際、まさかの「虎徹さん」呼び。この「虎徹さん」の後にはハートマークがついてたと見た腐女子おばさんがここに(笑)。長い道のりの後の本当のバディですかね。そして次回がいきなり数ヵ月後。是非この空白のあたりも見たいですよ。TVCMでバニーが「ショーアップされた云々~」って言ってますが全25話でも限られた話数でしかそれらしき表現が無かったように思います。取材とか水着撮影とかそれ以外も見たい!。是非セカンドシーズン(笑)で。
    劇場版もまだ全然中身が分かりませんしね気になりまする~。
    白状しますが、劇場版のキービジュアルのキャラはOK(4人とも若い!)なんですが(炎&風&忍&牛(ププ)不明)、TV版のキービジュアルのバニーの絵がちょっと私の中の苦手絵だったものですから、TVシリーズが始まる直前は見るのを止めようかと思ってたんですよね。でも、止め絵と動画ではやはり違いますし、録画をしといて良かったなとスタッフに感謝してます。
    では、お話しは尽きませんがこの辺で。今年、マリー様にめぐり合えて感謝です(*^^*)/。
    来年もよろしく(^_-)☆

  6. 姫 | URL | -

    マリー様ごめんなさい↓
    間違えました(>_<)。
    「忍」って誰だよ(笑)
    折紙先輩です<(_ _)>
    すんませ~ん(by虎徹)

  7. マリー | URL | 1JkepbtE

    姫さん

    大丈夫ですよ!!忍者ですもんね、折紙先輩!!
    バニーぬいぐるみがあれば師走も年末年始も乗り越えられますよ!!あれは癒しですよねぇ。そんな自分は5話見て癒されております。

    姫さんの13話事情がここで聞けて嬉しいです。でも1クールで終わりと勘違いしそうなくらいにきっちり完結してましたよねぇ!
    もうバニーちゃんも負けそうで、シュテルンビルトはどうなる!?というときに、女子ズの会話で本当に和みましたよ~。キングオブ名台詞に選ばれる台詞ばかりの、正真正銘の名シーンでしたね。

    弱点見破られたあとのジェイクの小物臭は凄かったですな(笑)
    え?こんなのだったの!?くらいに!!
    藤原さんの悪役はかなり定評があるみたいですね!!自分はひろしを真っ先に思い浮かべたので、藤原さんの悪役すんごいドツボすぎる!と興奮しました。役者さんは本当に凄いですよねぇ~!!

    「虎徹さん(はあと)」ですね!?
    いえいえ、そう見えた方はいっぱいおりますよ!!本当に長い道のりを経ての真のコンビ、みたくなりましたしあのシーンは色々な意味でドキドキでした。
    空白の10ヶ月見たいですよね~!!HERO TVなシーンももっともっと見てみたいです。あの水着シーンは色々と度肝抜かされましたね(笑)
    本当にもっともっと色んなシーンのヒーローたちを見たかったです。
    劇場版もどこの時期をやるか不明ですし、続報待ち遠しいですな~♪

    牛さん呼びいいですよね!!タマランです!!
    そしてそして更に姫さんの裏話を聞けるとは…!止め絵と動いているのではかなり違いますよねぇ。アニメの設定画で、「う~ん」と思っても動いているのを見ると全然違ったように見えるのも凄いですよねぇ!!
    自分も今年、姫さんと出会えて本当によかったです!
    来年もどうぞよろしく、そしてよろしくお願いしま~す\(宣)/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)