タイバニ 15話感想

2012年01月11日

 感想の前に、2月8日発売のキャラソンの視聴ページが出来ておりました。
 スカイハイは「Thanks,and thanks again!」という曲名で、爽やかでいい歌で早くCDで聴きたいです!!

 さて感想ですが、気持ち悪いと言われようと正直に言います。
 スカイハイファンな自分は、リアルタイムで15話を見た時、真剣に見て感動しましたが精神的には平常心を保つのに精一杯でもありました。ブロークンハート的な意味でです(笑)
 てっきりギャグテイストの恋の話かと思えば大真面目でビックリもしました。
 ですが、この回は見ていく毎に好きになる話でした。
 1クール目でもスカイハイという人物がどんな人物かは語られましたが、15話で本当に内心に触れられたと思います。
 切なく悲しい、だけど”人生で大切なことは気付くこと”だと話したスカイハイに良かったねとも言える、そんなお話だと思っています。

 以下ネタバレなので追記に。最後の部分に全話見ての感想があるので、見ていない方はそこだけスルー推奨です。



 吐く息が白くなる、そんな季節。シュテルンビルトを愛犬と走るキース・グッドマンの姿がありました。
 道にあるフェンスには各ヒーローたちのポスターが。しかし少し剥がれかけているのはスカイハイのポスター。それを見かけた彼は直しますが、ポスターは、The sky's the limit...(限界は空高くに…)というタイトルと同じ様に空高く舞って行ってしまいます。そして市民の口からはスカイハイの時代は終わり、今はタイガーとバーナビーだという本人にとって厳しい言葉が聞こえてきました。
 そしてその浮かない顔はここだけではなく、ポセイドンラインCEOに「このままでは3位転落も遠くない」と叱責され、そこでも見られるのでした。
 いつも元気で明るく、そして天然で飾らないキングオブヒーロー。現在は風の魔術師として改めておりますが、そんなスカイハイが顔をしかめている姿は凄く悲しかったです。
 それにしても3位転落が見えてしまった所でこうして直々にお叱りを受けるということで、常に1位というところで戦っていたというのが改めて浮き彫りになりましたね。今まで順位というものを感じさせず、何の疑問も抱かずキングオブヒーローと思っておりましたが、その安心感を与えてくれたのが凄いなと思いました。



 トレーニングルームでは、14話で能力が伸びていると思った虎徹はとても張り切る一方、隣では落ち込むキースの姿が。正直、見ていてとても辛かったです。いつもの元気なスカイハイになってほしい!と切実に思いました。
 虎徹とバーナビーは人気絶頂なため仕事も山ほどあるようで、今回もまた忙しいようです。その華やかさと正反対のキースは、ため息を吐きながらトレーニングルームを去るのでした。
 その姿を心配そうに見るのはネイサンやアントニオ。心配するネイサンに、ずっと1位を保っていたスカイハイにとって今の状況は辛いだろうと…。犯人逮捕でアントニオも元気になったようですね。
 
 ジョンの散歩と買い物をしていたキースは、華やかに活躍するタイガーとバーナビーのCMを見てまたもため息を。しかしこのCM思い切りタイガーの顔にロゴが被ってるんですがいいのでしょうか!?
 その後ジョンが急に走り出してしまい、一人の女性に向かって吠えております。銀髪に赤いカチューシャのよく似合う女性。その女性に向かって「お怪我はありませんか?」と、ジョンを宥めつつ問うキース。2クール目のEDで白い薔薇を差し出している彼ですが、このシーンもどこの王子ですかと言いたくなるくらいでした(笑)
 お礼にと真っ赤なリンゴを差し出すも、リンゴを潰してしまう彼女。ここで注目なのが、リンゴを手に取るまでに手を服でですが拭くキースですよ。細やかな気遣いも出来るのですね。
 リンゴを能力で潰したと思ったキースは、すぐさまストライプ模様のハンカチを差し出し、能力は慣れることを教えてくれ、自身が18歳の夏に能力に目覚めたことも何気に判明しました。

 さてここでキースの18歳か!と思ったらまさかのビキニバーナビー!!!
 一体何が起こったのかと思いました。キースの回想シーンと思わせて、まさかのバニーグラビア!!!森田さんも相当驚いたようですが、視聴者もビックリですよ(笑)
 羽山さんインタビューにて、本当はもっと足を開いていたとあり、そのまま通っていたら色々な意味で凄いシーンになったなぁと思います。
 バーナビーはビキニでしたが虎徹は全身タイプの水着でオチ担当でした。
 グラビアとインタビューを同時にこなした彼らはこれから、バラエティ番組やゲスト声優もやらねばならぬことが発覚!ヒーローというよりは最早アイドルに近い扱いですね。
 しかしバーナビーはそれでも幸せとだと。今までの人生と違って見えると優しく語る姿。復讐ではない生き方は彼にとって新鮮でしょうねぇ。

 そして女子ズのターン!!
 爆弾事件のときに行ったフォートレスタワー屋上ではネイサン、カリーナ、パオリンが食事を。なんという女子会でしょうか!!
 ここでカリーナが空を飛んでいるスカイハイに気付き、ネイサンが”夜のお仕事”と教えてくれました。ネイサンとキースって何気に色々と話をしているんですねぇ。こういうことまで知っているとは!ちなみに、ヒーローになってから毎晩街をパトロールしているのだそうです。gossipsを見ると大体21時~0時の間にしているんですかね?出動要請がなくとも、ヒーローとして街のために自ら動く、本当にヒーローなんだな、と思えるシーンでした。



 またまたトレーニングルームで朝からため息をつくキース。また1位に返り咲けばいいじゃない、というネイサンにキースは「恋の悩みだが」とハッキリ言います。
 一拍置いて顔を見合わせる女子ズ。その後悲鳴を上げた後は猛撃!!恋のシーズンでカリーナがスルーくらい盛り上がってました。このときの3人の満面の笑みのシーンが可愛くて大好きです!このシーンの生写真が欲しかったくらいで。

 その後、女子ズによる恋のレッスンが!
 まずはネイサンから。”女子には笑顔”と決めております。イケメンに微笑まれて落ちない女はいない!というアドバイスを早速実践します。
 とても決めている顔で歯が光っておりますが、その手つきはどうなのだろうと(笑)そこがスカイハイらしくていいと思いますが!しかし女性は華麗にスルー
 2番目はパオリンの”褒められると嬉しい”を。このときのもじもじパオリンも猛烈に可愛いです!
 赤いカチューシャが素敵だ、と褒めてから、もじもじしながら赤が好きなのかい?と問いますが返事は「いいえ」
 このなんとも言えない間が凄くたまらなかったです。
 最後はカリーナの”スキンシップ”に挑戦。
 手を握ろうとがんばりますがかなりガチガチです!!この顔がまためちゃくちゃツボでした。さぁ、いざ!というところでジョンに舐められテンションは後ろの噴水のようにただ下がりになっていくのでした…。思い切り落ち込みながら帰っていく姿が…。
 この噴水の演出が凄くお気に入りです!こういう風に表現する方法もあるのか~と。



 今度は、子供達によるタイガーとバーナビーのインタビューが。
 一番尊敬している人という問いに、タイガーはレジェンドを。バーナビーは両親を。ロボット研究家としての両親のことを語るバーナビーは本当に吹っ切れたんだなと思いました。しかし子供達の二人に対する扱いが(笑)
 そんな忙しく働く二人は今日のHERO TVがキャンセルに。TVではいつものようにハツラツと登場するスカイハイですが、犯人逮捕はキッド。そこでも見切れ尚且つ人命救助でポイントを稼ぐ折紙。スカイハイと言えば壁に頭が刺さって抜けないという、元KOHとは思えぬ姿を晒す事に。これも初回は衝撃でした…。あのスカイハイが?という感じでしたね…。

 その後でしょうか?夜も遅くにいつものベンチへ向かうと、同じ様に彼女が座っておりました。
 そこで初めて自分の心情を吐露するキース。
 順位が1位から転落したことはいい。”もう一度、皆の期待に答えられるかが不安なんだ”と本当に初めて不安を打ち明けました。
 ジェイク戦での初めての失敗。自分はそれすらもいつものように堅実にそして明るく乗り越えていくんだろうと思っていました。でも違ったんですね。自分の無力さを痛感し、またそうなってしまうかもしれないと思うと体が動かなくなる。そこまであのたった一度の敗北は彼の奥深くまで刻まれてたと。
 ”こんな自分なんている意味がない”そう半ば自棄になる彼に、ただただ”何故?”と問う彼女。
 その”何故?”に答えられないことに気付いたキース。笑うこともなくただただ見つめ、心の奥まで見透かすような彼女の瞳を見て、言い訳ばかりしていて何も行動していなかったと気付くキース。
 気付かせようとしてくれたんだね?と言ってましたが、結果として”自ら気付くこと”を成し遂げたのが本当に凄いと思います。
 そのあとの本当に惚れこんでいるんだなと思うシーンはドキドキものでしたね。悩みを打破出来、気持ちが高ぶっているのも相まって本当に幸せな瞬間だったんだろうなと思います。
 その後のパトロールのシーンもメットオフのシーンが本当にカッコイイですが、彼女の自分を見つめてくれる表情を思い出し、明るい声で「よし」と、そういう声が聴けたのも嬉しかったです。本当に立ち直ったんだな!と嬉しくなりました。



 その頃、タイガーとバーナビーが取材を終えて帰るところでした。しかしそこにいきなり降ってくるのは看板!何事かと思うと、ベンチで座っていた女性であるシスが暴れております!
 しかしハンドレッドパワーを発動した二人でも敵わない程に強いパワーを持つシス。
 そのシスは人間ではなくアンドロイドだということが判明しました。そしてそのシスを作ったのがロトワングという男。NEXTをも超える最強の人間を作るために研究を重ね、その全てをつぎ込んだのがシスだと言うのです。
 しかもこのロトワングはバーナビーの両親と同じところで働いており、彼らがいなくなったあとは彼が受け継いだということも判明。この間、虎徹はもうボコボコになるまで殴られておりました…。
 その後バーナビーの追撃を振り切り上空へ向かうシスは、居合わせたスカイハイと空中戦を。あまりのパワーに劣勢になるスカイハイですが、彼女の実際には見られなかった可愛い笑顔を思い浮かべ形勢逆転へ。
 まさに全力を持ってアンドロイドを破壊することに成功。元キングとしての力がこんなにも凄かったのだと分かるシーンでもありました。
 「やった。やったぞ」と完全に自信を取り戻すスカイハイ。ですが、その破壊したアンドロイドの正体は、彼が恋した女性。こんなにも皮肉なことがあってよいのかと…。この辺りで涙腺崩壊一歩手前でしたが最後は号泣でした…。

 翌日でしょうか?完全にいつも通りに戻ったキースは、逆に沈みかけているタイガーとバーナビーに明るく声をかけ、トレーニングを終えると「彼女にお礼を言いにね」と出かけていきました。
 ここで津田さんの流行らせたい「ファイヤーヒューヒュー」が出てましたね!!
 公園に向かう前に、花屋に寄って両手でないと持てないくらいの大きい花束を抱え、途中で身嗜みを気にしながら駆け足で向かっておりました。
 もう二度と彼女が座ることのないそのベンチに、”あなたを愛しています”という花言葉を持つ真っ赤な薔薇を持って、自信に溢れつつも優しい笑みで待つキース。
 名前すらも知らない彼女。
 手を握ることが出来なかった彼ですが、皮肉にも戦闘中両手でしっかりと握り合えることが出来たということ。
 お礼が直接言えることはなくなってしまいましたが、スカイハイとして前のように元気で真面目で、でもどこか天然な彼が活躍することがお礼の変わりになるんじゃないのかな?と思いました。
 壁を乗り越えたスカイハイの限界はまさに、もっともっと空高く遠いところにあると思います。
 誰よりもヒーローな、そんな彼の活躍をもっともっと見ていたい。そして、いつも元気で自由に無限の空を飛びまわっていて欲しいです。



※ここから全話見ての感想です。

 バーナビーがまたアンドロイドと戦うことが云々言っていたことが、まさか最後への伏線となっていたとは思いもしませんでした。ロトワングも1回きりのキャラだと思っていましたし。
 しかし、H-01との戦いでスカイハイが感情のないアンドロイドという発言をしたとき、シスのことを本当に人間の女性として恋をしたんだなと改めて分かり印象的でした。
 
 改めて15話を見ると、虎徹とバーナビーに注目して見ていると既に怪しい空気が漂っていますね。
 特に虎徹は能力減退への可能性。バーナビーは両親のことでまた戸惑う姿が見られ、それを虎徹は受け止めてはいますが自身のこともあって全部は受けきれないというようなものも少しずつ感じさせるなぁとか。
 そして両親の本当の考えは僕には分からないと言っていたのが、最終話のあのパスワードのシーンに上手く繋がるのかな?とも思いました。

 バーナビーは2歳で能力に目覚め、虎徹が小学生くらいでしょうか?キースが18歳と目覚めるのは本当にバラバラなんですね。みんながいつ目覚めたのかも気になります。パオリンは英才教育をしたと言ってましたし早めでしょうか?ユーリも小学生くらいですかね?あのくらいですと。
 ロックバイソンの能力はNEXTになったばかりで意図せず発動しても誰にも迷惑かけないのはいいですね!折紙先輩の慣れない頃は面白そうです。何に化けてしまうやら!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ハク | URL | -

    そういえば全話見ての感想が読めるようになっていたことを今思い出した

    バーナビーの精神攻撃!!……もといグラビアには爆笑させていただけましたね
    そして追いうちの虎徹!!

    そんな仕事に加えて夜のパトロールをしていたなんてさすがキング・オブ・ヒーロースカイハイです!!

    色々と切ない話(刺さるスカイハイ、作業的にボコされる虎徹含む)ではございましたがスカイハイが立ち直ったのはでかかったですね

    ……アレ?
    じゃあキースさんのグラビアもあったのかな?
    …………ゴクリ

  2. マリー | URL | 1JkepbtE

    ハクさん

    全話感想はしかし今回はあまりなんともな感想ですいません(笑)
    あのグラビアは時が止まりましたよ!!!
    おいおい、キースの18歳とか楽しみすぎるだろ~なんて思ってたら、「え?」と!!しかも割とキワドイので笑ってしまいました。
    虎徹の水着の布面積との差が(笑)

    そんな仕事をしながらパトロールもしてジョンの散歩もする、本当にヒーローとしての仕事が大好きなんでしょうねぇ!!
    立ち直って本当によかったです!バーナビーとの熾烈なKOH争いも見てみたかったな~とも思いました。

    あの虎徹ボコボコシーンはショックでしたよ…
    能力減退もあって、どれだけ追い討ちをかけるんだと…

    キースのグラビアなら5冊くらい買うわー!!という感じですが、彼は素顔を明かしていないのでメットありなのですよね、そういえば。
    メットありでグラビアってめちゃくちゃシュールですけど、やっぱりあったのでしょうか!?凄く気になります!!

  3. マリー | URL | 1JkepbtE

    拍手レスです。

    はるさん

    はるさん、こんばんは~!!今年もタイバニがアツい年になるといいですね!
    感動の15話、あのグラビアシーンは強烈ですよね(笑)
    見たあとあれを思い出すと涙も乾くという(笑)
    本当に思い出すたびにシリアスさもぶっとびますよ!
    何故あの配色で、あの形だったのか!と!ストライプ模様がウリの水着だったのですかねぇ。キースのハンカチもストライプでしたし、この時期シュテルンビルトでは流行っていたものなのでしょうか?
    あの画像を見つつもしっかりバーナビーを演じた森田さんも凄いですな!

    キャラソン、曲名も楽しいですよね!
    女子ズの恋するヒロインも一体どうなるのか気になります。
    ルナティックのは本当楽しみですな~!歌詞も難解で噛みそうな感じなものなのか、ああ見せかけて思い切り爽やかだったら!?とか妄想が止まらないです(笑)
    2月の発売が待ち遠しいです!!ジャケットも気になります!

  4. リンノ | URL | -

    切ないですね…それでもキースはシスのことをずっと想い続けるんでしょうね。
    あと例の頭抜けないシーンが可愛いですwww
    ブログを読むとマリーさんのキースへの愛が伝わってきます。

    ビキニバニーが際どくて笑いましたwww

  5. マリー | URL | 1JkepbtE

    リンノさん

    本当に切ないお話でしたね…
    ラストのシーンはもう色々な思いが込み上げてきて、立ち直れてよかったと思う反面でもそこにはもうシスが座ることはないんだよ、と思うと…
    自分もストライプのハンカチ愛用したいです(笑)
    あの頭抜けないシーン可愛かったですよね!!
    1話の牛さんかよ!みたいな感じで(笑)
    もうキースへの愛はだだ漏れになりました…マックスもですけど、好きなキャラのことを語るのは楽しいです!!

    ビキニバニー本当爆笑しました!!
    公式グッズに生写真があるのですが、バニーのはビキニが入っていてさすがだなと思いました。強烈ですよね、色々な意味で!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)