ご当地レトルトカレー:富山ブラックスープカレー(富山県シリーズ)

2017年05月16日

toyamabsc3.jpg

 富山県と言えば! 富山ブラック! という感じなので富山ブラックスープカレーを取り上げておりますが、今回富山県シリーズで食したカレーは以下です。

▼ご当地レトルトカレー富山県

 ・富山ブラックスープカレー
 ・富山シーフードカレー
 ・富山湾の宝石しろえびカレー
 ・富山郷土白エビ・ほたるいかカレー
 ・てば壱カレー

 非常に魚介類推しな富山県でございました。
 無知な自分にとっては、「富山のさかな」に指定されているのが、白えび・ぶり・ホタルイカの3つだということをカレーを食べて学びました。その土地のことについても学べるなんてご当地カレー万歳ですね!

 中でも白えびとホタルイカについてはカレーにもしやすいお陰か色々と食べることができました。さすがにぶりはカレーには難しいでしょうかね…。ぶりを揚げたりしてぶりカレーにしたりでしょうか…? レトルトカレーでは中々困難ですが、島根県では鰈カレーがあるので食べてみたい気も…?!

toyamabsc1.jpg

 というわけでブラックスープカレーです。
 富山県は実は訪れたことがありません。北陸地方には中々無縁で、新潟には一度学生時代の大会関係で伺ったことがあるという感じです。非常に出不精な自分にとっては、国内・国外問わず旅行好きな母上がお土産で買ってきて下さることが多いので、ご当地カレー好きとしてはますます頭が上がりませんね。
 あとは今までの人生で富山出身の方にあまりお会いしたことがないですかね。石川、岐阜辺りもそうですが、逆に沖縄出身ですという方の方が多いような気も。自分の中で北陸地方というのは火村英生とアリスが蟹を食べに…というイメージで出来上がっています。あと日本一ソフトウェアさんでしょうか。

 さて、このブラックスープカレーですがスープカレーを普段あまり食べない自分は素揚げした野菜や肉などの用意を全くしておらず食べることになりました…。これは非常に惜しいことをしました…。

toyamabsc2.jpg

 結果的にそのままで食べたのですが、絶対に具合がいっぱいあればあるほど美味しいのだろうなと痛感するカレーでした。味わいは上品で、見た目からはそれほどブラックさは感じず、割りと黒く見えるようなカレーという風です。
 いつも通りターメリックライスで食べましたが、意外と白米の方が合ったのかもしれない…とも思いました。何にせよ具材があった方が絶対に美味しいと思います。

 他の富山県カレーでは、てば壱カレーさんは鶏肉が入っている美味しいカレーという感想もですが、パッケージが非常に凝っていて可愛く、面白いのですよね! てば壱さんの歴史や、富山県の名所の地図など余すところなく使った印象深いカレーです。
 シーフード系では、ホタルイカ入りのカレーは本当にホタルイカがまんま入っておりますがカレーに勝つ生臭さというのもあるので、それでこそシーフード!! という方におすすめです。
 自分は富山シリーズでは、「富山湾の宝石しろえびカレー」(小さなカレー工房 カントリーキッチンさん)が1番美味しかったです。箱も品よく真っ白で、カレー自体にも白えびはもちろんですが、全体の作りが非常に美味しく!! 非常にさらさらとしたカレールーなのですが、それがまた上品な味わいとぴったりでした。しっかりと白えびとカレーがマッチしており、それぞれ邪魔することがなく食べられました。さすがカレー屋さんのカレーだなぁ、レトルトでも凄いのだなと思いました。
 自分はお土産で買うことになればこちらの白えびカレーを推したいと思います。レトルトカレーでもこういうレベルものも沢山あるので本当に侮れないですし、発見すると嬉しいですし、ますますカレー欲が高まりますね!!


 次回は山梨県のカレーです。コラボでアイドルの視察に伺ったときに買ったものです。
 そして追記にて現時点で食したカレー一覧を載せることにしました。中々制覇までは遠いですが、楽しんで食べていきたいです!
 なるべくお土産や現地で購入というのをモットーにしているのですが、ご当地カレーコーナーで買ってしまいそうな自分も最近いるのです……。
[ 続きを読む ]

Binowa Cafeさんに行ってきました

2017年05月04日

binowacafe1.jpg

 郷土菓子研究社 さん
 https://www.kyodogashi-kenkyusha.com/


 大型連休を皆さまいかがお過ごしでしょうか。ハロコスの締切までにもう1着! と、思いつつも無謀であった挙句に大型連休なんぞはそもそもないという感じなので、ネコメヤさんと一緒に、世界の郷土菓子でお馴染みの林さんのお店でもあるBinowa Cafeさんにて充電してきました。
 Binowa Cafeでは郷土菓子研究社の林さんの作る世界の郷土菓子が色々と味わえるカフェです。無知な自分は、こちらのカフェで初めてアゼルバイジャン共和国を知りました。
 郷土菓子研究社さんは、実は昨年の3月にも高円寺での出店にネコメヤさんと一緒に伺っておりました。今はこちらに来ればいつでも世界の郷土菓子を味わえるということで、とても嬉しく思います。

 それにしても、食べ物と言えばコラボものかご当地レトルトカレーしかないこのブログでこのようなお洒落すぎるお店をというのはこれまた珍しいことですね。ハイセンスなアンテナが常に張られているネコメヤさんのお陰でこちらのお店を知ることができました。ありがとうございます!
 
 さてさてこの日は空港から&仕事帰りにということでヒカリエさんで待ち合わせをし、約1年ぶりの再会ですが、「全然1年ぶりって感じがしないね」「いつ会っても一昨日ぶり感あるね」などという話をしながらお店に向かいました。彼女とはそれこそ十数年来の仲ですが、住んでいるところに距離があるため実際に会って話してという回数は非常に少ないのです。
 自分の話はさておきまして、お店のお話へ。お店は渋谷駅からは徒歩で約9分と記載されています。お互い、まずはこの現在位置がどちらの方向を向いているのか分からん、地図はどこだー!? という感じでのんびり向かいました。Binowa Cafeさんへ向かう道は途中までは渋谷らしい人混みですが、後半は物凄く静かで本当に渋谷なのかと思える道に。そこがまたいいですね。


 以下、続きます。撮影等は許可を頂いております。
[ 続きを読む ]

アイドルマスターSideM キャラクターケーキ 榊夏来を食べました

2017年04月16日

anicafesn01.jpg

 アニメイトカフェ キャラクターケーキ通販
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/animate-cafe/

 「アイドルマスターSideM」キャラクターケーキ第2弾(全15種)
 受注締め切り日時:~2017年4月28日(金)AM10:00
 第2弾のアイドル:High×Joker、W、彩、Altessimo、もふもふえん
 
 ブログ内関連記事:プリロールさんのアイドルマスター SideMロールケーキを食べました
 http://jory1999.blog55.fc2.com/blog-entry-2176.html

 アニメイトカフェさんのMマスキャラクターケーキ第2弾に、念願の夏来くんが登場しました。予約開始日に早速予約しまして、無事に手元に届いております。実際にアニメイトカフェさんでのコラボが開催されていたときにはプロデューサーではなかったので、初めてリアルタイムでカフェの服を着た夏来くんとご対面です。

 さて、キャラクターケーキはプリロールさんのみ注文したことがあるというだけで、アニメイトカフェさんでの注文は初めてです。実際のアニメイトカフェさんにも伺ったことが実は無いのです。プリロールさんもロールケーキとマカロンのみなので、今度はケーキも注文したいですね!

 こちらのケーキはクール便(冷凍)で届きまして、食べる日の朝に冷蔵庫で解凍しました。冷蔵庫で4~6時間は解凍にかかると記載されており、自分は4時間くらいで食べてみたのですが、今の季節だからか解凍できていました。

anicafesn03.jpg

 ケースから取り出し、まずはそのきれいなプリントにとても驚きました!
 実物は本当に綺麗なのですよ!! コラボカフェなどで色々なものに印刷されている食べ物がありますが、年々進化していくのだな、と心底思います。こんなに綺麗にチョコレートにプリントされるものなのか! という感じです。

 さて、残念ながら運ばれる際に少々ぶつかってしまったのか、左下が少し崩れておりました。写真に撮るには少々無残だなと思いまして、そこだけ先に食べてからの撮影です。こちら、星型のチョコと銀色の丸いものは別の袋に分けられております。お好きに飾り付けしてください、ということなようですね。絞られたクリームのつぶれ気味な所に置かせて頂きました。なので自分の夏来くんはこのようなデコレーションです。それぞれのプロデューサーさんごとで飾り付けも変化があるでしょうし、そういった違いなども楽しそうですね。

 さて、いざ実食しようにも果たしてどうやって切ればいいのか…夏来くんを切るわけには…しかしホールケーキを丸かじりというのはどう考えても無理でしかない…! というわけで、泣く泣く包丁で切ったのですが、上の絵の部分が適度な厚さのホワイトチョコレートなので切るのがこれまた難しいのです…。
 切った部分も撮影して、中身がどうなっているのかも載せようと思ったのですが、あまり綺麗ではないのと、夏来くんが…というのは寂しいので今回はパスにしました。

 一気に半分食べて、半分はまだ冷蔵庫なのですが、あまりケーキを食べない人間なのでスポンジがどうのこうのというのは全然分かりません。ただ、物凄く甘いというわけではなく、スポンジと生クリームの間に流し込まれているベリーソースがうまい具合に味の調和を取っていると思いました。全体的には軽めのふわふわパンなケーキという感じなのですが、そこにベリーソースが加わることによっていいアクセントになっているなと。

 しかしこのホワイトチョコレート部分が食べきるのには厳しいですね! とても可愛いのでむしろ保存しておきたいくらいですが、それはできないのでバリバリ食べました。残りの後半戦は普通の板チョコを溶かして流しながら食べてみようかなと思います。

anicafesn05.jpg

 実はこちらケーキだけではなく、注文したケーキと同じ柄のトートバッグが特典でついてきます。
 これがまたとても驚きました!! 想像していたトートバッグより全然質がいいと!! 生地もかなり白めの綺麗なものですし、プリントはもちろん、バッグとしての使い心地もとても良さそうです。マチもしっかりついています。
 夏来くんのデカアクキーと較べてみても大きめのサイズというのも分かりますし、しっかり出来ているので使用したとしても安心だと思います。
 しかしながらこのバッグを使うにはだいぶ厳しい年齢なので、家で飾っておこうと思います。可愛いカフェ衣装の夏来くんは目の保養ですしね!! 

 この手のコラボフードは大好きなので、食べられて本当によかったです! 何と言っても通販できる食べ物というのは、日本全国どこのプロデューサーさんでも食べられるというのがいいですよね! この手の食べ物コラボも増えて欲しいなぁと思うのでした。

アスランの禁じられた暗黒パスタを食べました

2017年03月26日

asselinp0.jpg

 突然、今日発売です! という告知があった「アスランの禁じられた暗黒パスタ」を買いました。まさかの発売日当日の告知とは(笑)
 前回はレトルトカレーコラボがありましたが、今回はパスタソースコラボでした。それにしてもアスランは今度のCMでも出演ですし、SRでの登場もそうですしアスランイヤーという感じですね! おめでたいです。

 というわけでコトブキヤさんで購入しました。

asselinp1.jpg

 暗黒感漂うパッケージですね! やはりアスランも素敵です。何と言ってもMマスに興味を持ったきっかけは以下の動画でのアスラン役の古川さんの歌でした。



 電撃が走りまして、慌ててMマスのアイドル一覧を拝見して夏来くんを発見してからあれよあれよと言う間にこんな感じでPになりました。まさにアスランのお陰なのです。
 そんなアスランのパスタソースともなれば入手せねばと!! 無事に購入できて何よりでした。


 以下、実食編とおまけの缶バッジです。
[ 続きを読む ]

Café de SideM ~ORIGIN@L STARS~に行ってきました

2017年03月25日

cafedem1.jpg

 公式サイト:Café de SideM ~ORIGIN@L STARS~
 http://www.kotobukiya.co.jp/event/event-98410/

 期間:2017年3月11日(土)~2017年3月26日(日)
 場所:コトブキヤ 秋葉原店
 ※撮影・掲載許可は頂いております ※店内のセカライの写真は撮影禁止


 まさに飲食コラボラッシュでして、ブログのタイトル通り、脂肪になるという感じのブログになってまいりました(笑)今月だけで一体何キロ体重が増えたのか考えたくないですね!
 というわけで、コトブキヤ秋葉原店さんでのMマスコラボカフェに行ってきました。フリー入場の平日に山梨と同じく単騎突撃です。

 実はコトブキヤさんのコラボカフェに行くのは初めてでして、5階ってどうやっていくのだろう…というほど。大体2階までしか行ったことがないのです。
 その前に2階で新商品のアレを購入しました。それはのちほど記載します。ちょうどレジの方が旬くんPの方で、山梨コラボのシュシュも身につけており、「旬くんのですね!」と、つい声を掛けてしまいました。
 さて、5階へはエレベーターで向かいます。エレベーターを降りれば、みのりさんのエプロンを身に着けた店員さんが! 花屋イベで夏来くんも身につけたエプロンですね!! 熱いです。

 店内は同僚さん同士で来られている方が多いですが、自分と同じく単独でという方も多いですね。同僚同士でも、一人でも楽しい空間というのはありがたいです。
 そして店員さんが案内してくださった席はこちらでした。

cafedem2.jpg

 カフェパレ・神速席! なんとなくカフェパレ席な気がすると思っていたのでビンゴでした。アニONさんでのチケットといい、カフェパレ率が圧倒的な自分です。
 その後、席で説明を受けます。最初の注文のみ注文シートに個数を記載してレジへ持っていき、その横にある受取カウンターで待っているという方式です。2度目の注文からはそのままレジへ。また、食事をし終えたあとは自分で受取カウンターまで返却しに行くという方式です。


 以下、追記に。
[ 続きを読む ]