ヒーロー集結!!『無双☆スターズ』スペシャル 生番組 感想

2017年01月26日

netabare.jpg


 関口D氏が出るということで更にがっつり拝見いたしました!! 関口D氏がゲストとという発表があった時点で、やつれていないか心配TLになっていたのがさすがだなという!!! 先に書いてしまえばやつれていない&髪もシャレオツカットな感じで伸びているという具合でしたね!!!!! よかったです!!!! でも天狐さんも時継もないのがちょいと寂しかったです!!!!!

 さて、今回の番組はおなじみ鈴木咲さんと、スターズのPである古澤氏でした。
 続々とキャラクタが公開されていますが、あと5キャラ残しているようです。公開が待ち遠しいですね!
 というわけで今回の放送を簡単にまとめますと以下のような感じでしょうか。

▼どの作品もしっかりと監修が入っており、ポーズや台詞までもしっかりとそのキャラクタになっている

 頭を下げて入れさせてくださいとアトリエ、ネオロマからも参戦可能に。
 全てのPから判子を貰っているほど。
 そのキャラクタはそういうポーズはしない、台詞などは細かくダメ出しをされているので監修は本当にがっつりされている。フィールドの背景も

 モデリングにもこだわりがあり、ベースやセルフモデルがある作品もあるが、世界観を合わせるために全てのキャラクタに調整あり。しかしながらキャラクタ性は出るようにしている

▼フリーシナリオ&マルチエンディング(15くらいある)

 このキャラクタだったらこういうことをしそうだよね、というようなシナリオもある。例えば呂布が武力で統一的な。

▼聖域(育成の場)ではお風呂や酒場で普段聞けない台詞や掛け合いを楽しめる

 お風呂は男性も入り、のぶニャが様も入るが、オプーナさんは入らない
 討鬼伝で言えば禊だったが、お風呂なためお風呂用の絵を描き起こしている

▼フルボイスではない

 実機プレイでフルボイスではなかったので恐らく製品版もそうかと

▼1つの戦いの進め方も自由。敵に簡単に勝ちたければ少し離れたエリアでLvやブレイブLvを上げて勇利にしてから闘うというのも可能

 進め方も自由なのでどうやってもいい。
 敵もスキルを使い、こちらもスキルを使用して進める。回復などもスキルで

▼やわらかエンジンの今作用カスタマイズ

 キャラクタの紹介的なバストアップシーンで直虎で揺れを確認。やわらかエンジンそのままは使えないので今作用にカスタマイズしたものを使用

▼初回特典、店舗特典以外のキャラクタにも他のキャラクタの衣装あり

▼トレボの画集もサントラもこだわりの品

 影牢のイラストレーターさんが描かれた呂布との絵や、オプーナのデザイナーさんが描かれた描きおろしののぶニャが様とオプーナさんの絵などもあり。

 サントラも3枚組で、懐かしの曲から無双ロックやオケアレンジのサウンドディレクターこだわりの一品

 つまりリュウさまが他の誰かの衣装を着る可能性があり、リュウさまがお風呂に入ることが確定されたと!!!!!!!!!!!!!1 おめでとうございます!!!!!!!!!!!!!!! ありがたすぎです!!!!!
 リュウさまがつまり幸村の衣装以外のどれかを着るということですよね…。ってことはつまりマスクがあるのかないのかが非常に重大になってくると!!!!!! リュウさまは素顔も素敵ですがマスクあり派なのでこれはかなり重要なことになってきあますね…ゴクリ…


 さて、討鬼伝ということもあってか雅の領域で趙雲たちが戦っていたのですが、ガキも大きければマフウさんもとても大きいですね! しかしマフウさんは無双用にかなり抑えられていますね。マフウさん本気だすと大型鬼より強いですからね…。
 この雅の領域で凄く驚いたのが、右上に表示されるマップも本当にあの見慣れた雅の領域の形なことに感激しました。これは嬉しいですね!! 更には無双用にエリア同士をつなげたため、本来の討鬼伝では知ることができなかったエリア間の道や背景も分かるという! これは物凄く嬉しいですね。極まではオープンワールドではないので妄想の余地が更に広がるというものでも。

 というわけで関口D氏がご登場になったのですが、古澤P氏とは元々先輩後輩で入った当時は古澤P氏がとても怖い先輩だったと(笑)一体身長がどのくらいなのか…と、気になった方も多いのではないでしょうか。関口D氏も背が高いですが更に上を行くとは…!
 が、なんとこのスターズで声をかけたのが一番最後が討鬼伝と!(笑)気心知れたというのもあってでしょうか。無事に参戦確定になってファンは嬉しいです。ちなみにリハのときも討鬼伝の話が一切なかったようで「ひどくないですか?」的な暴露話がされていたという(笑)

 ここからの桜花での実機プレイはお馴染みの関口D氏がでしたが、なんとホロウを一瞬で倒すという(笑)
 これまたPVでも分かるのですが、本当に討鬼伝の動きなのですよね!! 討鬼伝の動きをしつつ無双になっているのです。こちらもかなり監修というか討鬼伝チームのスタッフさんが駆り出されているようで、がっつり絡んでいるようですね。特にアクションについては厳しく、それでいて背景画像にも厳しく、雅の領域の竹についても「その竹の見え方おかしくない?」的なツッコミが入ったくらいにはがっつり監修なようですね。さすがです!!! そして修羅場続きのスタッフさん、お疲れ様です!!!

 実機プレイではホロウのはらぺこっぷりは健在で、ダリウスのナンパに応じることになる台詞も(笑)それにしても「可憐な乙女の食事の邪魔」辺りはさすがホロウだなと思いました。ちなみにホロウの参戦理由は極のキーマンだから、ということなようですね。桜花さんも同じような理由という感じに聞こえました。
 そしてBGMの鬼討ツモノのアレンジがかなりスピーディな感じになっておりましたね。無双の爽快感に合わせた感じに思います。サントラでフルをがっつり聴きたいですね。他にどの曲が採用になっているのかも気になります。

 最後に関口D氏の一言では討鬼伝2の宣伝、スターズで討鬼伝に興味を持った方は是非~というシリーズへの宣伝と、「2が出てますので」というNG発言が!!!
 ”次”へのことなのかスターズに2から1枠というお話なのか…。時継が本当に参戦になるのかどうかも見逃せないですね。


 自由度や育成の高さもフリーシナリオやマルチエンディングで、無双をプレイしていると出てしまうマンネリ要素というのが解消されるといいですね。
 問題はリュウさまを除いたプレイをせねばコンプできないということがあった場合、自分はどうすればいいのか的なことが(笑)
 まだまだブラッシュアップもされるでしょうし、情報も出ると思うので、期待したいです。武器も育成要素はあるのでしょうかね? キャラクタのアクションの変化等も気になります。あとはスターズが今後も続くようになっていつか速鳥さんも…………
 それから画集の描きおろしに左さんの描きおろしもありますように!! と、心底願いたいです。あとリュウさまも画集の描きおろしもありますように!!!


315プロダクション!新春プロデューサー研修ニコ生! 簡易まとめ

2017年01月26日

netabare.jpg

 ▼出演者
 仲村宗悟さん(DRAMATIC STARS 天道輝役)
 高塚智人さん(Beit 渡辺みのり役)
 白井悠介さん(High×Joker 若里春名役)
 榎木淳弥さん(S.E.M 舞田類役)
 小林大紀さん(Café Parade 水嶋咲役)
 益山武明さん(神速一魂 紅井朱雀役)
 汐谷文康さん(Legenders 北村想楽役)

 
 というわけで昨日はニコ生で新情報が色々と発表になりました。大きな発表としては5つでしょうか。

▼THE IDOLM@STER SideM GREETING TOUR 2017 ~BEYOND THE DREAM~
 http://lantis.jp/sidem/tour2017/

 4月2日(日)広島 DRAMATIC STARS、High×Joker
 4月16日(日)大阪 FRAME、Café Parade、伊集院北斗(スペシャルゲスト)

 5月6日(土)愛知 Café Parade、THE 虎牙道、Legenders、御手洗翔太(スペシャルゲスト)
 5月7日(日)愛知 DRAMATIC STARS、High×Joker、神速一魂

 6月4日(日)東京 S.E.M、もふもふえん、F-LAGS、天ヶ瀬冬馬(スペシャルゲスト)
 6月11日(日)北海道 W、FRAME、Altessimo
 6月17日(土)石川 Beit、彩、もふもふえん

 ※2月1日発売「Beyond The Dream」に限定シリアル先行あり

▼ORIGIN@L PIECES 04が4月26日発売

 伊集院北斗(CV:神原大地さん)
 桜庭薫(CV:内田雄馬さん)
 清澄九郎(CV:中田祐矢さん)
 水嶋咲(CV:小林大紀さん)
 都筑圭(CV:土岐隼一さん)

▼P名刺機能が追加

 25日から実装されています

▼Side Memories実装予定

 より担当アイドルを知れるコンテンツを準備中

▼テイルズオブアスタリアとのコラボ
 
 SideM側にルーク、ユーリ(それぞれR+)が登場し、アスタリア側に天ヶ瀬冬馬、伊瀬谷四季が登場。
 SideMではWとBeitそれぞれがテイルズキャラクタのコスプレを。

 更には新全体曲の視聴もあり、とにかく情報盛りだくさん過ぎて何が何やら状態でした。
 備忘録も兼ねて簡単にまとめたいですが、まずは皆さまコスプレでご登場が凄かったですね! まさにキャラクタという感じで凄く似合っておりました。小林さんはさすがですね、咲ちゃん。

 人気のニコ生ということでP名刺部分はほぼ追い出されたまま入室不可状態だったので、タイムシフトで見直したいと思います。
 早速ゲームに実装されましたが、まずはポイントを貯めねばですね。記念アイテムが販売されているのでそちらも買いそうです。

 さて最初はテイルズコラボのお話でした。フルボイスのPVが凄かったですね! そしてSideM側のアイドルたちがテイルズキャラにというのがほぼほぼ違和感なくて凄かったです。特にみのりさんのユーリはまんまという感じで。
 Wもそれぞれ可愛かったですし、逆にテイルズ側に出演する冬馬くんや四季くんも楽しみですね。スキット部分は拝めましたが、衣装変更などはあるのでしょうか。

 また、ゲームでの新しいコンテンツということで、「Side Memories」を準備中というのは凄く嬉しかったです! ゲームとしても面白いのが一番なので、より担当アイドルを深く知れるということで益々楽しみですね。
 先日から一部の画面デザインが変更になりましたが、通常営業などの画面も一新あるといいなぁと思います。APが常時確認できればありがたいですし、ここいらで若干画面デザインに変更があればまたモチベーションも少しは変化があるのでは? とも。ひたすら連打でも画面に新鮮味があれば少しは…!?

 お次は大喜利でしたが、これまた物凄く難易度が高いお題でしたね!!!
 舞田類のお題で英語を使う、若里春名のお題でボイパで答えるなどなど。コメントで流れる放送事故というもので笑ってしまいましたが、いやはやこのお題は難しいかと! 最初に仲村さん、高塚さん、榎木さんでの対決がありましたが、「頂上決戦だ!」と、榎木さんが仰ったものの対決後はなんというかコメントも面白かったですね!!! 1番手に思い切り参戦して下さった高塚さんに敬意をということで投票しましたが、最初の方々は大体同じような評価に。
 というかあの舞田類さんのシリアス、真面目なシーンで英語を使って台詞というのは本当に難しいのでは!?

 お次はボイパで返事ということで最初に白井さんが台詞を読んでくださったのですが、「カラスがきたよ」という読み間違いでコメント欄が「カラスが優勝!」というので溢れておりましたね。
 小林さんが先陣を切って立ち上がってドーナツいぇあな感じで決めて下さったお陰で皆さん全員立つということになりましたが、益山さんの上手さがこれまた際立ったと!! にゃこも参戦ということで「にゃ!」というボイパが最高でした。〆は白井さんでしたがギガテラという部分を「ギガテカ」と読んでしまうというまた優勝さが溢れておりましたが、白井さんの全員を巻き込んでのボイパ春名は映像の圧力が凄かったですね。
 最終的に榎木さんと益山さんでの頂上決戦が行われましたが、これまたどちらも凄いと! 榎木さんの味のあるかんむりはえてる575も和みましたし、益山さんの再度笑む(SideM)は素晴らしい!!! と。益山さんが勝利し、キャラクターマスクを頂いておりましたが、チョイスもまた面白かったですね。

 なんというかこの全体のノリもまたくせになりますね!!! それにしてもTLでも見ましたが、オリピ4のメンバーが多いのかな? と、思いきや小林さんだけという!! このノリや空気もこの方々だったからこそ出せたものだったのかな、と思うと面白いですね。
 そんな流れからの全体曲の視聴だったので、脳みそが追いつかず。しかしこれがまた流れた瞬間泣ける凄くアイドルという感じのいい曲でした。早くCDで聴きたくてしょうがないです!!
 それぞれのユニット部分もとても聴きやすく、315というコールはもちろん、色々なコール部分もあるので頑張って覚えたいです。ペンライトの色変え出来たら凄いよね! という高塚さんのお話に、コメント欄もTLも頑張るという感じなのがまた熱いです。

 そしてオリピ4の発表もありました。これでドラスタと彩は全員ソロを出したということになり、Wと虎牙道のみまだ一人も出ていないという。
 夏来くんもまだなようなのでドキドキですね…特典のために複数買うと思いますが、果たして夏来くんのブロマイドは出るのか…(笑)
 来週はオリピ3も発売ですし、予約を受け取りにいくのが待ち遠しいです。ソーイチローのソロを真っ先に聴きそうですが、全員聴き倒したいですね。

 とにかく色々と発表がありましたし、来週はCDに記念ブックにそろそろライブ事前通販も届くでしょうし、その後はセカライということで熱いですね!
 更には山梨コラボもございますし、1番カフェやくじもあればとにかく山盛りで!! 今年は完全にP業にお財布握られるだろうというのが決定しているようなものなので、楽しくお金を使っていきたいものです。

 それからグリーティングツアーの競争率は一体どんなことになるのでしょうかね。ゲームタクトのコンサートと被っていないのはセーフでしたが、まずはチケットが当たるのかどうかですよね…。先行で試してみたいと思います。

空の軌跡 the 3rd Evolution プレイ日記3

2017年01月23日

netabare.jpg
英雄伝説 空の軌跡 the 3rd オリジナルサウンドトラック

 軌跡シリーズでは3rdが一番好きでサントラも1番好きです。アレンジもアレンジで素敵ですが、やはり原曲のこのアルバムが一番好きなのでこちらを。
 格好いい曲からシリアスな曲まで盛りだくさんな1枚ですが、音楽は所詮好みに合うか合わないかというのが1番大きい気がしますので、こればかりは合う人は合う! という感じですかね。
 何が好きかと言えばこれまた3rdのことを書く時にいつも書いているのですが、自分の中で音色のベクトルがぴたりと一致している部分が大きいです。その上で格好いい曲、シリアスな曲が楽しめるので最高なのですよね!! 
 他の作品のアルバムも気に入っていますが、3rdがダントツにお気に入りです。何年経っても色褪せずに輝かしい、そんなアルバムです。

sora3rd39.jpg

 さて、ゲームも進めています。
 この絵大好きなので、再び拝めて嬉しかったです!!! 自分のベストメンバー、リシャール・ケビン・ミュラー・ユリアの4人で挑むのが最高に楽しいです!!
 そしてお話はいよいよお待ちかねの”ずっと私のターン”に。


 以下、ネタバレなので追記に。全シリーズクリアの方向けです。
 第五話~第六話 第二の守護者を倒したところまで
 月の扉:
 星の扉:剣の道、エプスタイン財団、帝都への帰還
 太陽の扉:裏武術大会
[ 続きを読む ]

討鬼伝2 プレイ日記32

2017年01月19日

netabare.jpg

 というわけで、「討鬼伝2」のオーケストラアレンジは夜公演になっておりますよー!!!

▼東京ゲームタクト2017 オーケストラコンサート(夜公演)

 URL:http://gametakt.com/

 日時:2017/5/6(土)17:30
 会場:大田区民ホール・アプリコ 大ホール

 曲目:計13曲程度を演奏予定
    『討鬼伝2』オーケストラアレンジ(討鬼伝2)
    甘い時間 弦楽四重奏(夢100)
    世界の終わりと最後の言葉(消滅都市)
    法廷組曲 逆転裁判6(逆転裁判6)
    The Final Time Traveler(TIME TRAVELERS)
    他

 これまで討鬼伝シリーズのオーケストラでの演奏も幾度かありましたが、そのどれもがCD音源化されていないはずです。本当に貴重な機会ですので、気になる方は是非!!!
 TEKARUさんの演奏、Trioでの演奏、吹奏楽、オーケストラどれもこれも生の討鬼伝の音楽を聴けるというのはやはりとても思い出深いです。スクリーンに大きく映し出される討鬼伝のロゴを見て何人の人が泣いたか!! それだけで号泣できるレベルですよ本当に…。
 自分は未だに「千年ヲ駆ケシモノ」をゲームで聴いてからオケアレンジで聴かなかったことを死ぬほど後悔しているので、今もがっつり2の曲は聴いていますが、更に余すことなく聴きまくって客席に向かいたいと思っております。チケットが取れたらですが…!
 原曲とアレンジの差も噛み締めたいですし、ここいいよね! という所は集中して聴きたいですが、大体暴走して頭が真っ白になって記憶にないということになってしまうのが…! 冷静に聴きたいけどもどうしてもタマハミしてそれどころではなくなってしまうという。これまた10回くらいは言っている気がしますが、さよならメドレーで討鬼伝のロゴが映し出された瞬間の「…え!!????? 本当に!!!?」からの涙ダバーのあの一瞬は絶対に忘れません。息が止まりましたよあの瞬間。その前の年の「ウタカタ・秋艶」の演奏も一生忘れられません。そんな瞬間とまだまだたくさん出会えますようにと願うばかりです。



 久々に載せましたが、こちらは坂本さんご自身が演奏されている動画です。他にもモノノフ本部、鬼討ツモノもございます。
 そしてその坂本さんのピアノ演奏込みで討鬼伝の曲が聴けるのがこちらのCDです。

Hideki Sakamoto Trio

 討鬼伝からは「ウタカタ」「鬼討ツモノ」の2曲が収録されています。
 このブログでは結構書いてきたので記憶にある方も多いかもしれませんが、ここぞとばかりに書きますよ何度でも!!
 討鬼伝の曲は演奏される機会は多いですがCD化はTEKARUさんかこちらしかないのでやはり逃せません。あとはそれこそ単独コンサートをひたすら要望出すしか…(遠い目)

 というわけでダイレクトマーケティングコーナーでした。2のオケアレンジは何の曲が演奏されるのでしょうかね! 楽しみですね!!
 そして討鬼伝シリーズは”次”の構想を練っている最中というインタビューがございましたが、”次”も音楽に俄然期待なのであります。
 それから個人的には討鬼伝シリーズの曲の人気投票なども気になったりします。どの曲が全体で人気なのか。鬼の曲限定にするとどうなるのか、などなど。タイトルごとでも気になります。しかし実際に投票があってもどれもこれもよくて選べないという事態になるのが目に見えている予感も(笑)
 

 ダイレクトマーケティングだけでなく、ゲームとして大事なこちらも。パッチが配信されましたので適用すべし! でございますね。

 さて今回も共闘編です。しかも速鳥まみれ共闘という熱すぎる共闘で…!
 以下、ネタバレなので追記に。共闘についてのみです。
[ 続きを読む ]

アイドルマスター SideM ドラマチックステージ1巻・2巻感想

2017年01月18日

netabare.jpg
アイドルマスター SideM ドラマチックステージ2 (シルフコミックス)

 とてもおすすめのコミカライズというお話を伺っていたので1巻と最新刊の2巻をいっぺんに購入しました。自分はあまり漫画は読まないのですが、逆にゲームはやる時間が…ソシャゲは…という方にもとてもおすすめなコミカライズだと思います。元々プロデューサーであればもちろん楽しめますし、そうでなくとも楽しめる美味しい一冊ですね。

 基本的にはDRAMATIC STARSとHigh×Jokerが交互にメインでお話を繰り広げる中で他のユニットたちも絡んでいくという形になっていました。
 また設定・世界観などは同じですが時系列などが違うパラレル設定のコミカライズだそうです。(あとがきに書いてありました)

▼DRAMATIC STARS

 天道輝(元弁護士)
 桜庭薫(元外科医)
 柏木翼(元パイロット)

▼High×Joker(元高校生バンド)

 伊瀬谷四季(ボーカル)
 秋山隼人(ギター)
 冬美旬(キーボード)
 若里春名(ドラム)
 榊夏来(ベース)

 1巻は主にドラスタを中心に繰り広げられますが、後半からハイジョも絡んできます。
 ドラスタのスカウトから結成まで。それぞれのレッスンでの長所やドラスタらしいやりとり(天道さんと桜庭さんの喧嘩とそれを仲裁する柏木さん)も存分に拝めます。
 ハイジョも若い彼ららしい悩みやぶつかり合い、目的が一致していないメンバーで結成されたバンドだらかこその葛藤、それを乗り越えた時の喜び、それらが眩しく描かれていました。

 他のユニットのメンバーたちもLegenders以外は2巻までにそれぞれ出てきており、それぞれのアイドルの持ち味が光る部分がピックアップされて描かれており、またそれぞれのアイドル同士の関係性なども暖かく感じられます。

 アイドルみんなとてもいい、それぞれ格好いい、可愛いところがたくさん描かれたコミカライズだと思います。何と言っても”アイドル”という輝かしい存在、夢を与えてくれる存在、元気をくれる存在、そんなアイドルとしてのキラキラとした姿を凄く感じられるものでした。
 キャラクタも背景等もとても丁寧な描写だと思いますし、試し読みもできるので気になった方は是非!! と、心から思います。今から3巻が待ち遠しいです!


 以下追記に。
[ 続きを読む ]